出会い」を見つめ直す

今回の「ワイングラスのむこう側」は特別企画。雑誌『Hanako FOR MEN』の「特別保存版 渋谷(区)新地図。」特集にあわせて、20年間渋谷でワインバーを営む林伸次さんに、渋谷と出会いについて書いていただきました。視点を少し変えるだけで、あなたの人生の見え方も変わるかもしれません。ぜひ『Hanako FOR MEN』に掲載された出張版「ワイングラスのむこう側」とあわせてお楽しみください。

ブラジル人は家族構成を聞く

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕は今でこそ渋谷でワインバーを経営していますが、若い頃はいろんなところに足を伸ばしていました。特に印象に残っているのが2ヶ月ほど滞在したブラジルでのこと。ブラジル人って初対面でこういう質問をするんです。

「はじめまして。セルジオです」
「はじめまして。シンジです」
「シンジ、家族は?」

変わってますよね。もしかしたら日本人だと失礼にあたる質問かもしれません。そもそも、今一緒に住んでいる家族のことなのか、それとも実家のことなのか、どれを答えるべきなのか悩みます。答えは「それを全部、答えてくれ」ってことのようなのです。

どうして僕の家族構成が知りたいんだろう、父や母が健在で娘がいて犬を飼っていることなんて聞いて何が楽しいんだろう、と思うのですが、それでも真面目な顔をして、僕の家族構成を聞いているんです。

いまだに彼らのその「家族構成を質問する」という習慣にとまどうのですが、でも彼らとしては「家族」が一番大切で、今はじめて出会った目の前の人間は「どんな家族を持っているんだろう?」っていうのが気になるんでしょうね。この質問を受けるたびに僕は、「そうかあ。僕の家族ってこうなんだなあ」って改めて考え直すことになります。

さて、先日、ほぼ日にお勤めの木下奈保子さんがこんなツイートをしていました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

michigourmand [いろんな人と出会えたことが、僕の人生の大きな財産になっているのは間違いありません。]って所が響きます。 約2年前 replyretweetfavorite

tatsuya02127 ワイングラスのむこう側 cakes https://t.co/uI5zuSC3va 2年以上前 replyretweetfavorite

SiouxsieQ5 |林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 出会う人すべては一生をかけて色んなことを教えてくれる。そのときに気がつかなくても。 https://t.co/JpOo7qz5Wh 2年以上前 replyretweetfavorite