そなたがやれ

江戸中にある遺骸による疫病の蔓延を防ぐべく、幕閣・保科正之に謁見を願い出る河村屋七兵衛(のちの河村瑞賢)。人生の勝負所が七兵衛に迫っていた。


「そなたは何者か」
 そう言いつつ、正之が上書を受け取った。
「はっ、霊岸島の材木仲買人、河村屋七兵衛と申します」
「河村屋とな。それで何用か」
「大火の後、民の困窮は見かねるばかり。しかしながら上様のご慈悲により、民は飢え死にからは逃れられそうです。ただ一つ、お願い申し上げたいのは—」
 上書を読もうとしていた正之が、七兵衛に視線を据える。
 —ここが切所だ。
 七兵衛はたんでんに力を入れると言った。
「江戸市中には、災いに遭った者たちの遺骸が山のように積まれております。まずは、これらの遺骸を始末せぬことには悪疫やあくしつが蔓延し、大火を生き残った者たちの命まで奪います。それゆえ—」
 思い切って顔を上げた七兵衛は、正之と視線を合わせた。
「早急にこれらの始末をつけ、ご供養いただけますよう、お願い申し上げます」
「いかさま、な」
 しばしの沈黙の後、正之が言った。
「そなたの申すことは尤もだ。われらりゆうえい(幕閣)は、先へ先へと目が行きすぎていた。最も大切なことは、遺骸を葬り、供養することだった」
「あ、ありがたきお言葉」
「して、どうする」
「まずは、どこにどれほどの遺骸があるかを調べ、それらを一所に集め、火葬せねばなりません」
 七兵衛の計画は、遺骸をどこかに集め、大穴を掘って火葬にし、そこに寺をこんりゆうして供養させるというものである。
「それは分かっておるが、それを誰が指揮する」
「いや、それは—」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

江戸を造った男

伊東潤
朝日新聞出版
2016-09-07

コルク

この連載について

初回を読む
江戸を造った男

伊東潤

江戸の都市計画・日本大改造の総指揮者、その名は河村瑞賢! 伊勢の貧農に生まれた河村屋七兵衛(のちの瑞賢)は、苦労の末に材木屋を営むようになり、明暦の大火の折に材木を買い占めて莫大な利益を得る。 その知恵と並はずれた胆力を買われ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード