ご意見、奉り候!

明暦の大火後、江戸にはそこら中に遺骸が転がっていた。幕府の対応は再建計画に手一杯で、そこまで手が回っていなかったのだ。疫病の蔓延を防ぐべく、河村屋七兵衛(のちの河村瑞賢)は、幕閣・保科正之に謁見を願い出るのであった。

投資家・野英人さんとの特別対談でも紹介されたシーンです。

 焼け野原となった江戸城下には、そこら中に遺骸が転がっていた。一月から二月中旬にかけては、皆が食べることで精いっぱいだったため、誰もそこまで気が回らなかったが、気温が上がり始めると、その腐臭は耐え難いものとなっていった。
 さらにその場しのぎで、生き残った者たちが遺骸を川や海に流すので、海の汚染も始まった。江戸湾流は湾内を回っているので、遺骸は外洋に流されずに江戸近辺にとどまるため、魚介類や海藻にも被害が出始めた。
 しかし幕府は、江戸再建計画に着手したばかりで遺骸の処理まで手が回らない。
 この時の幕閣は、四代将軍・家綱の後見役のしなまさゆき、「知恵伊豆」という異名を持つ老中のまつだいらのぶつな、同じく老中のただあきが実権を握っていた。
 彼らは江戸の町の過密化を解消すると同時に、防火性の高い町を造るべく、一月二十七日には早くも測量を始めていた。彼らの計画は土地造成と区画整理に始まり、水路や道路、また橋に至るまで都市基盤のすべてを網羅していた。あまりの手回しのよさに、明暦の大火は、彼らが故意に起こしたものではないかという憶測まで、後に生むことになる。
 しかし、彼らに民の苦しみを理解しろと言っても無理である。七兵衛の売りさばいた材木は、諸大名や旗本の家の再建に回され、庶民にまで行き渡らない。そのため、例年になく江戸に降る雪の多かった一月から二月にかけて、焼け出された多くの民が凍死した。
 時が来れば解決する寒さの問題はともかく、きつきんの課題としてえきびようまんえんを防がねばならない。そのためにも町中に打ち捨てられている遺骸や、沿岸部を漂う水死体を早急に片付ける必要がある。
 誰かが、幕閣にそれを知らしめねばならなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

江戸を造った男

伊東潤
朝日新聞出版
2016-09-07

コルク

この連載について

初回を読む
江戸を造った男

伊東潤

江戸の都市計画・日本大改造の総指揮者、その名は河村瑞賢! 伊勢の貧農に生まれた河村屋七兵衛(のちの瑞賢)は、苦労の末に材木屋を営むようになり、明暦の大火の折に材木を買い占めて莫大な利益を得る。 その知恵と並はずれた胆力を買われ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード