自家製の塩漬け豚でくつろぐ、休日スープ。

あっという間に10月も過ぎ去り、季節はいよいよ冬に向かいます。じゃがいもが旬の季節になりました。塩漬け豚とじゃがいもだけで作る、迫力満点のポトフのスープをご紹介します。
スープ作家の有賀薫さんによる、旬の野菜をたっぷり食べるベーシック・スープのレッスンです。

ドカンと肉、ゴロリとじゃがいも。迫力満点シンプル・ポトフ。

肉やソーセージ、大ぶりの野菜を鍋ひとつでコトコト煮込んだフランスの家庭料理、ポトフ。今回は豚肉とじゃがいもだけで作ります。

豚のかたまり肉を、塩漬けの“塩豚(プティ・サレ)”にするのがレシピのポイントです。

事前の仕込みが必要ではあるものの、いたって簡単です。
平日のどこかで肉を仕込んで、のんびりできる休日に、作ってみてはいかがでしょう。


じゃがいもと塩豚のポトフ

材料(2~4人分)

豚肉(肩ロース) 500g程度
粗塩 15g ※肉の重さの3%
砂糖 7.5g ※肉の重さの1.5%
黒粒こしょう 適量 ※なければ普通の黒こしょうでも可
じゃがいも 4個
マスタード 適宜

1.塩豚の仕込み
豚肉は1/2の長さに切る。
粗塩、砂糖、粗くつぶした胡椒をはかって、混ぜておく。
豚肉と調味料をビニール袋に入れ、全体にしっかりとまぶしつけ、空気を抜いて口をしばり、冷蔵庫で最低3日以上、できれば1週間寝かせる。★1

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

スープ・レッスンが本になりました! 好評発売中!

スープ・レッスン

有賀 薫
プレジデント社
2018-09-27

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

野菜、お好きですか? おいしい旬の野菜を手に入れたら、ぜひシンプルなスープで味わってみてください。旬の野菜をたっぷり食べる、究極のベーシック・スープをスープ作家の有賀薫さんが教えててくれます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

wm_rie ホットクックで作ったじゃがいもと塩豚のポトフがよかった。 日曜に塩豚仕込み、木曜に肉と水を内鍋に入れて手動−煮物−混ぜなしで2時間、じゃがいも追加して追加30分。 食べるときにあたため直し。これに簡単サラダつけて夕食。うま! https://t.co/8ou6Om1BTv 3ヶ月前 replyretweetfavorite

zxswaswallow 週の始めに豚肉を塩漬けして、献立を考えるのが面倒な疲れた週末に登場。冷蔵庫に塩豚があるだけで気が楽になるし、時間… https://t.co/lzhTnX56qE 3ヶ月前 replyretweetfavorite

ukooon ここここここここここれは片っ端から作るぞと言いたいところだがとても作りきれない😭 1週間前に塩漬けにしといた豚で昨日このポトフ↓を作ったらもう美味しすぎて自分に何が起きたかと思った https://t.co/gZU5GwwAZo 4ヶ月前 replyretweetfavorite

lilily55 塩漬け豚4日目ので作ってみた。すごくおいしい。これ作りたいが故にストウブの鍋を買ってしまったとはいえない。 4ヶ月前 replyretweetfavorite