自家製の塩漬け豚でくつろぐ、休日スープ。

あっという間に10月も過ぎ去り、季節はいよいよ冬に向かいます。じゃがいもが旬の季節になりました。塩漬け豚とじゃがいもだけで作る、迫力満点のポトフのスープをご紹介します。
スープ作家の有賀薫さんによる、旬の野菜をたっぷり食べるベーシック・スープのレッスンです。

ドカンと肉、ゴロリとじゃがいも。迫力満点シンプル・ポトフ。

肉やソーセージ、大ぶりの野菜を鍋ひとつでコトコト煮込んだフランスの家庭料理、ポトフ。今回は豚肉とじゃがいもだけで作ります。

豚のかたまり肉を、塩漬けの“塩豚(プティ・サレ)”にするのがレシピのポイントです。

事前の仕込みが必要ではあるものの、いたって簡単です。
平日のどこかで肉を仕込んで、のんびりできる休日に、作ってみてはいかがでしょう。


じゃがいもと塩豚のポトフ

材料(2~4人分)

豚肉(肩ロース) 500g程度
粗塩 15g ※肉の重さの3%
砂糖 7.5g ※肉の重さの1.5%
黒粒こしょう 適量 ※なければ普通の黒こしょうでも可
じゃがいも 4個
マスタード 適宜

1.塩豚の仕込み
豚肉は1/2の長さに切る。
粗塩、砂糖、粗くつぶした胡椒をはかって、混ぜておく。
豚肉と調味料をビニール袋に入れ、全体にしっかりとまぶしつけ、空気を抜いて口をしばり、冷蔵庫で最低3日以上、できれば1週間寝かせる。★1

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

スープ・レッスンが本になりました! 好評発売中!

スープ・レッスン

有賀 薫
プレジデント社
2018-09-27

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

野菜、お好きですか? おいしい旬の野菜を手に入れたら、ぜひシンプルなスープで味わってみてください。旬の野菜をたっぷり食べる、究極のベーシック・スープをスープ作家の有賀薫さんが教えててくれます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

G_Azzurra @kazukitousagi 遅まきながら、こちら! https://t.co/zZz8jNgxox 塩豚を作ったら15分くらい塩抜きして、あとはたっぷりのお水でアクをとりながら(水が減ってきたら)水を足しながら2時間ほどぐ~つ… https://t.co/3yAsuJoXOj 5ヶ月前 replyretweetfavorite

35redux @oggy8oggy この方のレシピを参考にしたですよ〜! https://t.co/GnLctjkKVt 6ヶ月前 replyretweetfavorite

asami_mami 見つけた! 有賀さんのレシピ(^^) https://t.co/J6XsddvPpb 7ヶ月前 replyretweetfavorite

b75s 、メモ取ること。 https://t.co/CyiNx3nonx 7ヶ月前 replyretweetfavorite