火の用心、火の用心

雪道を懸命に歩く一人の男がいた。
死に物狂いで木曽川に架かる橋を渡り、どこかを目指し再び歩き始めた。
彼はなぜ急いでいるのか?
時は少し遡り、男は江戸・霊岸島(現在の東京都中央区)にいた。



煙草たばこぼんの上に置かれた竹製の灰落としから、先ほど吸った煙草の煙が、いまだ立ち上っていた。
しちは「火の用心、火の用心」と二回唱えると、飲みかけのお茶を少しだけかけた。
「じゅっ」という音とともに火が消える。
 —わいも、もう四十か。
 齢  よわい四十に達し、人の一生というのは竹と同じように節目があることを、七兵衛はさとっていた。
 節目で訪れる転機を知り、新たな流れに乗っていくことで、人生は大きく違ってくる。
 こうしてれいがんじまで材木の仲買人を営めるようになったのも、転機に気づいて流れに逆らわなかったからである。
 —早いもので、もうめいれき三年(一六五七)か。
 七兵衛が材木の売買に携わるようになったのは、かんえい二十一年(一六四四)なので、すでに十三年の歳月が流れている。店を兼ねた住居も、二年ほど前に裏長屋からおもてだなに移ることができ、「材木卸 かわむら」のれんを掛けることができた。
煙管きせるに細刻みを詰めると、七兵衛は煙を思いきり吸い込んだ。
きようこういっぱいに煙草が行きわたり、新たなやる気を起こさせる。
 —さて今日は、尾張の仲買人から運ばれてくる材木を、千住の大工のもとまで運ぶ手配をするんだったな。夜は材木商たちの寄合か。
 ちらりと外を見やると、つちぼこりが舞っている。
 —今日も風が強そうだ。
 ここ数日、風の強い日が続き、江戸では珍しいくらい寒い。
 —さて、早めに飯を食って出かけるか。
 煙草盆を引き寄せ、煙管に詰まった灰を落とすと、七兵衛は再び茶をかけた。
 —火の用心、火の用心、と。
ひるの支度ができましたよ」
 奥からおわきの声が聞こえてきた。
 お脇と夫婦めおとになったのは、けいあん元年(一六四八)なので、すでに九年の月日が流れている。夫婦になってすぐにできた長男のまんろうには、み子のうちに死なれてしまったが、同三年に生まれた次男のでんじゆうろうかしらとして、同五年に生まれた三男のひようのすけ、承  じようおう三年(一六五四)に生まれた四男のは、すくすくと育っている。
 七兵衛が居間に入ると、三人の子が正座して待っていた。その視線は、湯気を上げているふかがわめしにくぎ付けになっている。
 深川めしとは、江戸湾で取れた貝やながねぎ醤油しようゆで味付けてから炊き込んだもので、お脇の得意料理である。
 お脇が、わんと箸を盆に載せて運んできた。
「今日も、うまく炊き上がりましたよ」
「こいつは、うまそうだな」
「朝方、に行ったら、いい貝が買えたんですよ」
「そいつはよかった」
 神棚に柏手かしわでを打ち、七兵衛が座に着くと、伝十郎と兵之助の二人は「食べていいぞ」という言葉がかかるのを、今か今かと待っている。四歳になったばかりの弥兵衛だけが、正座に耐えられないのか、膝をもぞもぞと動かし、今にも泣き出さんばかりである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

江戸を造った男

伊東潤
朝日新聞出版
2016-09-07

コルク

この連載について

初回を読む
江戸を造った男

伊東潤

江戸の都市計画・日本大改造の総指揮者、その名は河村瑞賢! 伊勢の貧農に生まれた河村屋七兵衛(のちの瑞賢)は、苦労の末に材木屋を営むようになり、明暦の大火の折に材木を買い占めて莫大な利益を得る。 その知恵と並はずれた胆力を買われ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード