女性の復職率の低さを、技術で解決する|藤本あゆみ(at Will Work)〈中編〉

人材系の媒体営業から、結婚を機にグーグルに転職。当時はまだめずらしかった動画広告などをクライアントに提案し、新しい価値をつくる広告営業としてバリバリと働いていた藤本あゆみさん。ところが、何年も続けるうちに行き詰まりを感じ始めます。そこから、大きな話題となった「Women Will プロジェクト」に参画し、新たな道を見つけました。グーグルでは当たり前でも、日本企業では当たり前ではないこと、とは。


営業で先が見えてきたときに、Women Will プロジェクトに参加した

—2009年からグーグルの広告営業の仕事を始めて、何年続けられていたんですか?

 2015年に辞めるまでやっていたので、トータル7年くらいです。営業の中で、アカウント・エグゼクティブやマネージャーも務め、いろいろやってきたのですが、だんだん同じことの繰り返しになってくるんですよ。自分がどうやったら仕事で貢献できるかもわかってきたし、どう求められるかもわかってくる。だからそれに応えることはできるけれど、新しい挑戦ができなくなっていると気づきました。そこで環境を変えようと、2014年には社内公募プロジェクトに応募してシンガポールに2ヶ月行き、ベトナムチームの立ち上げの手伝いをしました。でも、場所は変わってもやることはけっきょく同じだなと。

—行き詰まりを感じていた。

 はい。そのとき、「Women Will」というプロジェクトに参加しようと考えたんです。Women Willは、女性のテクノロジー活用を促進することで、各国の女性が直面する問題を解決しようとするプロジェクトです。アジア太平洋地域全体で取り組んでいます。インドでは、女性のインターネット利用率の低さを解決するために、自転車で田舎の村に携帯電話を持っていって使ってもらう、みたいなことをやっていました。それは、日本では必要ないですよね(笑)。では、日本にどんな問題があるかと考えたときに、女性の出産後の復職率の低さに注目が集まりました。

—働いている女性の約6割が、第一子出産前後に離職しているんですよね。

 そうなんです。このプロジェクトでは、離職した方などにヒアリングをしたところ、続けられない理由として「会社にいなければ仕事ができないから」「遅い時間の会議などに出られないから」といった意見が出てきていました。だったら、それはテクノロジーで解決できるのではないか、という発想でした。海外のスタッフとテレビ会議をしていたりすると、普通に家にいて、子どもが走り込んできてちょっと相手して、また会議に戻ってくるなんてのは、よくあることです。時差があると、オフィスにいられる、あるいは、きっちり自室にこもれる時間に会議ができるわけではない。それを強要するのはナンセンスだ、とこのプロジェクトでは考えていました。でも仕事はちゃんと成り立っていたので、こういうフレキシブルな働き方を推進すればいいのではないか、というわけです。

 そもそも、必要のない会議が多すぎるんですよね。

—これは、耳が痛い企業も多いのでは……(笑)。

大きく考え、小さく始める。それが一歩目を踏み出すコツ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
規格ハズレの履歴書たち

Tokyo Work Design Week

「自分らしい働きかたって?」「未来の自分、どんな仕事してる?」「仕事の武器って何?」――そんな疑問を持つすべての人にお送りする、「最高にワクワクする仕事」を見つけた先駆者たちのインタビュー。“新しい働きかた”をテーマとする国内最大級の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ayumikizuka 後で読む) 2年弱前 replyretweetfavorite

nakamura990417 “Think big, start small, act fast.”という考え方の実践をいろいろな企業に試してもらいました。 2年弱前 replyretweetfavorite

consaba 「「会議」って、今より絶対短くなると思うんですよ。そもそも、必要のない会議が多すぎるんです。」 2年弱前 replyretweetfavorite