人はそれを「キュウリ地獄」と呼ぶ

家庭菜園をはじめた夫婦のドタバタな日々をユーモアたっぷりにお届けする本連載。今回は、畑に初めてみのったキュウリのお話です。当初、「こんなにおいしいキュウリを食べられるなんて幸せ」と喜んでいた金田さんでしたが、じわじわと地獄のような日々がやってきて…。

うれしくて、笑いが止まらない

6月のある日、突然1本のキュウリがみのった。

4日ほど前に見つけた赤ちゃんキュウリが、次に見たときには大人になっていたのである。

「キュウリって、こんなに早く育つのか?」

驚きながらも、ありがたくはさみを入れた。

自分で作った、初めてのキュウリだ。やや不恰好だが、かわいくてたまらない。


初めて収穫したキュウリです。奥は農園仲間からもらったエンドウと自分で育てたラディッシュ!

神棚代わりにまな板に供え、拝んでから包丁を入れる。締まった果肉。みずみずしい切り口。さわやかな香りがたちのぼる。

「う~、キュウリだ。これは、ウリ嫌いな人には無理なレベルだね」夫は絶賛した。

キュウリが苦手な人は、ウリの匂いがダメと聞くが、ウリ好きの私にはたまらない香りだ。

「畑やってよかった~。こんなにおいしいキュウリが食べられるなんて、幸せだなぁ」

その日以来、畑に行くたび、キュウリは私を待っていた。2本、3本と、とれる数も増えていく。

どうやらキュウリは、1日に3~4㎝も伸びるらしい。5㎝の赤ちゃんも、4日後には20㎝前後に育っているというわけだ。

「これなら買う必要がないじゃない。売るほどとれるよ。がはははは」

一躍キュウリ長者になった私は、笑いが止まらない。


キュウリはネットに当たっただけでも曲がってしまいます。これくらいなら上出来。わはははは。

このままじゃ、カッパになるよ

4本、5本、6本。みのるキュウリの数はどんどん増える。

「キュウリちゃん、もうちょっとゆっくりでいいよ」

収穫しながら声をかけても、キュウリはおかまいなしだ。夏にむかって、実をつけるペースを速めている。

7本、8本、9本……。

やがて私の中で、気持ちに変化が芽生えた。

「いいかげんにしろ。とれすぎなんだよ」

味はおいしいよ。とってもおいしいけどね。いくらウリ好きだって、一人で毎日3本も4本も食べられるもんじゃない。

夫は朝食にちょっとかじる程度だが、昼も夜も家で食べる私は、ごはんにキュウリのせん切りをのせて食べ、麺よりキュウリが多い冷やし中華を食べたりしているのだ。

「このままじゃカッパになるよ」

心なしか顔が青ざめてきた。

「苗を5つも植えるからだよ」と夫が責める。

「いまさら言わないでよ」

「とにかく食べなくちゃ。この先もどんどんとれるよ」

1株に3本キュウリがなったら、合計15本だ。1週間に15本とれたら、ひと月60本ってことか……。

いらぬ皮算用をして、軽いめまいに襲われる。

私は、のんきにぶら下がっているキュウリをにらみつけ、心底願った。

「神さま、どうかこれをメロンに変えてください」

そして、何本かは見なかったことにして、収穫せずに家に帰ったのだ。


キュウリは、ウリ棚で育てます。ゴーヤーと混ぜて植えていますが、これは悪い例。旺盛に育つゴーヤーは、別にしましょう。

巨大なキュウリを割ってみたら……

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シロウト夫婦のズボラ菜園記

金田 妙

毎日、採れたての新鮮な野菜が食卓にのぼる。そんな生活に憧れる人は多いのではないでしょうか。自分で野菜を作れればよいけれど、畑はないし、仕事は忙しいし、週末は遊びたいし…。それでも、思いきって家庭菜園の世界に飛びこんでみたら、おもしろい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mqchaso 家庭菜園はじめた人なら誰でも通る道を面白く紹介されてる。 / 他1コメント https://t.co/wQEno0I6JH 約4年前 replyretweetfavorite

mqchaso 家庭菜園はじめた人なら誰でも通る道を面白く紹介されてる。 / 他1コメント https://t.co/wQEno0I6JH 約4年前 replyretweetfavorite

terakatudo きゅうり地獄(笑) https://t.co/OJthH5spua 約4年前 replyretweetfavorite

heart8255 @minuit_lumiere @doburokusan @kounenki45 この夏お世話になった親愛なる「きゅうり教」の皆さまに読んで頂きたく(^^; この夏の思い出に浸りましょう♪ https://t.co/gZB8dgIetf 約4年前 replyretweetfavorite