イモトアヤコの公共性

テレビ番組『世界の果てまでイッテQ!』にオーディションを受けて出演し、いまや番組の人気を支えるほどのタレントに成長したイモトアヤコ。最近では企業CMへの出演だけでなく、その名前を冠した商品が発売されるほどの存在になりました。海外用WiFiを利用する人にはおなじみのレンタルサービス「イモトのWiFi」から、武田砂鉄さんがイモトアヤコの人気に迫ります。

「イモトのWiFi」「関口宏のニュース」「和田アキ子の長崎旅」

海外へ行く際に何度か借りたことがあり、時折、「イモトのWiFi」から宣伝メールが届く。イモトアヤコの名前を冠した海外WiFiレンタルサービスなのだが、メールを確認する度に、海外滞在の頼みの綱となる「WiFi」を背負うイモトへのプレッシャーを推し測る。「関口宏のニュース」「明石家さんまのトーク番組」の場合、関口宏もニュースも明石家さんまもトーク番組も抜群の安定感を有しているわけだが、「イモト」と「WiFi」って、いずれも「場合によっては、うまくいかないこともある」という可能性を含んでいる掛け合わせである。

でも、「関口宏のWiFi」では使えても都内と古都くらいという感じがするから、使える範囲の広さを力強く訴えかける意味で「イモトのWiFi」は誰よりも効果的な人選ではある。「どこだって大丈夫」の代名詞がイモトなのだ。『(人物名)の(内容・商品名)』という番組や商法は、人物名への信頼で成り立っている。秘境や高山など不安定な場へ突入し続けるイモトは、芸能界におけるこのポジションを専有している。作る側も「この人がどこかへ行けば、満足するものがお届けできる」という確信に満ちている。

10月16日(日)のゴールデンタイムは民放各局がしのぎを削る編成だった(1局を除く)。日テレが人気番組を合体させた『鉄腕DASH!×イッテQ』、テレビ朝日が深夜枠とのダブル放送に踏み切った『日曜もアメト—ク!初回2時間SP』の初回、TBSが復活した『クイズ・スター名鑑SP』、テレビ東京が狩野アナの卒業を伝える『モヤモヤさまぁ~ず2SP』。結果、その他の番組をダブルスコア以上で突き放し『鉄腕DASH!×イッテQ』が20・5%で圧勝したのだが、とにかくフジテレビ『大物芸能人ジャーニー2016』が、時間をたっぷり使って敗北を宣言するような番組構成で驚いた。2時間使って、和田アキ子が長崎へ、長嶋一茂が京都へ行く。「大物×ジャーニー」という自ら課した掛け合わせを実践してはいるのだが、そもそもこちらはその実践を待望してはいない、という空しさが立ち込めていた。

ラテ欄が教えてくれること
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

祝・重版出来!『紋切型社会』の著者・武田砂鉄による新しい時代の芸能評論。

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

airmi2 〝笑う〟という型に自分をはめていくと自然と気持ちも面白くなっていき、その場を楽しむことができる  先の笑点の記事とはうってかわって     2年弱前 replyretweetfavorite