心のベストテン

出た!格好いい!最高!音楽に押し寄せる「楽しんだもん勝ち」の波 

久しぶりの更新となる今回は、謎に包まれたポップ・ロック・バンド・Nulbarichをはじめ、さまざまな新しい音楽を紹介します。音楽に押し寄せる「楽しんだもんがち」の波とは? 
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

最高なNulbarichと「J-FUNK」ムーブメント

柴那典(以下、柴) 前回から3ヶ月ぶりくらいになりますけど

大谷ノブ彦(以下、大谷) 今回は宇多田ヒカル、PPAPと、話したいこと盛りだくさんですよ!

 ですね。まずは、最近グッときてる曲を紹介していきたいなと。

大谷 いいですね! いっぱいありますよ!

 お、では大谷さんからお願いします。

大谷 そうだなあ、柴さん、Nulbarichって知ってます? 最高っすよ!

 おっ、知らなかった。格好いいなあ! ジャミロクワイとかマルーン5みたい。どんなバンドなんですか?

大谷 もともとソロアーティストだったJQって人が組んだバンドで。自分の頭の中で鳴ってる音をやりたいって言って、このプロジェクトになったらしいんですよ。5人編成だけどメンバーは流動的で。

 Suchmosもそうだし、こういうオシャレな音楽をやる人たちって、どんどん増えてますよね。ファンクや黒人音楽を根っ子に持つグルーヴィーなポップスというか。

大谷 そうそう。Nulbarichもそうですけど、今の音楽シーンにきてるこの流れをわかりやすく「J−FUNK」って呼び名で言い表したいと思っていて。

 確かに「J-FUNK」かも。実際、去年に星野源さんの『YELLOW DANCER』が出てから、明らかにシーンの風景が変わった気がしますね。

大谷 そうなんですよ。そこから、こういうテイストがシーンの真ん中に来てる。彼ら、タワーレコードですごい売れてるんですよ。その場で視聴して買っていく人が多い。そこから口コミが広がっていくのも90年代っぽい感じ。

 では、僕からはこの流れでLUCKY TAPES! 彼らにはもっと売れてほしいな。今年出た中では抜群にセンスがいいし、色気がある。

大谷 最高ですよね! 作品出すたびにどんどん良くなる。本当に好きですよ。

 この曲、何がいいって、後半で「♪デデッ、デデデデ〜」ってレッド・ツェッペリンみたいなヘヴィなギターリフになるところがあるんです。メンバーみんながヘドバンして、ライブでもそこが一番盛り上がる。
 前はインディー界隈だと、もうちょっとストイックに内に向かう表現が多かったような気がするけど。

大谷 今の若い人たちはみんな、いろんなレイヤーがあることをわかった上で、フラットに音楽を楽しんでるんですよ。昔はそういう振り付けっぽいことをちょっとやったら、外野から「セルアウトしてる」とか言われて「あれ? こうじゃいけないのかな」ってなってたかもしれないけど、そうじゃない。

 楽しんでるもん勝ちな世の中になってますよね。ひょっとしたら音楽以外もそうかもしれない。映画でも応援上映みたいに一体感を楽しむものが増えている。

大谷 そう! 本当にそうですよ。

 もはやオタクコンテンツもリア充化してるんですよね。ちょっと前は「オタクVSリア充」みたいな対立構造があったじゃないですか。リア充は外でウェイウェイして、オタクはそれを嫌って家で引きこもってる、みたいな。今って、そういう対立がなくなってる感じする。

大谷 そうそう、現場にあるのは完全にそういう雰囲気です。オタクだって、非マッチョの文系だって、普通にそうやって楽しむでしょ!? みたいな流れになっている。だから僕はBRADIOに関しても完全に肯定派なんです。

 BRADIOもまさに「J-FUNK」のバンドですね。かなりコテコテの。

大谷 BRADIOは僕がやってる野外フェスの「マグロック」に出てもらったんですけど、実は目の前のお客さんを一番盛り上げたのは彼らだったんですね。正直、フタを開ける前は誰も期待してなかった。でも、KANA-BOONとか他の出演者もみんな彼らのファンになっちゃった。

 ライブもちゃんとショーとして楽しめるものになってるんですか?

大谷 そう。ちゃんとステップ踏んだりしてね。彼らはユーモアやコミカルなエッセンスを織り込んで、エンターテイメントの度合いを上げているんです。そういう人たちが現場でちゃんと受けてる。

K-POPではない韓国のポップ

大谷 そうだ、柴さん、韓国のスルタン・オブ・ザ・ディスコってバンド知ってます?

 知らないです。どんな人たちなんですか?

大谷 今年のサマソニにも出て、12月には日本デビューも決まった。

 へー! BIGBANGみたいな、よくあるK-POPグループの感じとは全然違いますね。

大谷 ずいぶん前から噂は聞いてたんです。どうもスクービー・ドゥーが韓国に行ったときに対バンしてたらしくて。向こうに格好いいバンドがいる、と。しかも80年代のディスコのフレーバーを今風にアップデートしてやってるって。

 じゃあスクービー・ドゥーとは相性バッチリですね。彼らこそ20年以上ずっと日本でディスコ・ファンクをやってきたバンドだから。

大谷 スルタン・オブ・ザ・ディスコもエンタメ志向が強いんですよ。それを現場でつちかってる。サマソニでも、初見の人がすごい盛り上がってた。
 ちなみに日本のデビュー盤は「オリエンタルディスコ特急」っていうミニアルバムなんですけど、表題曲の日本語詞を綾小路翔さんが書いてる。だから来年の氣志團万博にも出るかもしれない。

 正しいセレクトだなあ!

大谷 韓国って、5年くらい前から渋谷系っぽいサウンドがすごく流行ってたんですって。だから実は今の日本ともちゃんとシンクロしてる。あの感じが、隣の国にもちゃんと伝染してるんだなって。

 ですよね。実は僕がオススメしようと思ってたのも、まさに韓国のバンドんですよ。hyukohって書いて「ヒョゴ」っていう4人組。彼らも今年のサマソニに出てた。

大谷 ヒョゴね! 最高ですよね。もうチケットもとれなくなってる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

id_hoven 動画のURLを張り付けてくれてるのが親切。紹介されてる音楽がわかるのがいい。#netsu 3年以上前 replyretweetfavorite

tyutyuko #hoshinogen #BRADIO 3年以上前 replyretweetfavorite

kawanotakashi69 「J-FUNKナイト」。 星野源、cero、UNCHAIN、Nulbarich、BRADIO、ウルフルズ、久保田利伸、堂島孝平、そしてSMAP。などなど。 いいですよね。 なんとなくお酒が美味しく飲めそう☆ https://t.co/xoOIXtG5Jz 4年弱前 replyretweetfavorite

wShi22 そろそろサチモスナルバリッチ方面に名前つけてやったらどうだと思ったらここにあった。 4年弱前 replyretweetfavorite