石川啄木は「ゲスの極み」なんですよね。

話題の文豪ギャグ漫画『文豪失格』著者・千船翔子さんの読書遍歴をたどるインタビュー。後編では、作中に登場するアノ文豪たちについて語っていただきました。その後、千船さんを発掘した担当編集者を交えつつ、独特の作品が生まれるまでの様子に迫ります。

理不尽さを体験して、噛み砕いていくうちに、文学のよさがだんだんわかってくる

— 伝記モノから岡田あーみん、そしてドストエフスキーから遠藤周作まで、幅広く本を読まれてきました。今後、文豪以外を題材に漫画を描くとしたら、どのようなものを題材にしたいですか?

千船翔子(以下、千船) 読者さんが求めるものを書きたいと思うので、今、反応を見ている感じですと、やっぱりギャグで、歴史モノ。興味ない人が読んでもおもしろいと言ってもらえるものが描きたい。ジャンルだったら、美術史とか宗教史とか。身近な題材だけど、あんまり積極的に知ろうとはしないじゃないですか。でも、知識があったら絶対おもしろいはずなんです。海外旅行とかも楽しくなるし。そういった、生活を楽しめる教養が得られるものを描きたいです。

— 最近は、仏教の勉強をされているとお聞きしました。

千船 仏教は、まだ、基本的な知識が身に付いていないので、まずは、仏教のイロハ、みたいな本を読んでますね。

— 基本的知識が身に付いて、はじめておもしろくなる。

千船 私は完全にそうですね。『文豪失格』もまさにそれで。最初は引き出しの少ない状態だったので、うまく描き進められなかったですね。筆が進まなくて。でも引き出しが多くなってきてから、これはいけるかもしれないって思って、今はすごく楽しく描いてます。


『文豪失格』(実業之日本社)より。以下同様

— 第4話で太宰治が登場してきてから、「パワーが入った!」と反響があったとか。太宰治は、描いていて楽しいキャラクターなのでしょうか?

千船 太宰はこの仕事を始める前から一番知っていた文豪です。その知識が少なからずあったから、生き生きと描けたかな。それまでは、原作に書いてあることに頼って描いていたんです。でも、それって自分の知識ではないですよね。自分の中で噛み砕いて描いているわけじゃないから、『文豪失格』の最初のほうは、他の人から、「パワーがない、あなたのカラーが出ていない」って言われて。でも太宰が出てきてからは、私の中に引き出しが多くあったから、私らしく描けた。自分の中に知識を溜め込んで消化しないと、キャラクターは動かせないですね。今はなんとか、平均的に知識が身に付いてきたので、太宰以外もつっこんで描けるようになった……って感じですね。

— そうやって知識を溜めていく中で、新たにおもしろさに気づいた文豪はいますか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

文豪たちを描く、愛あふれる教養ギャグ漫画!

文豪失格 (リュエルコミックス)

--- - "千船 翔子" - AIRAGENCY・フロンティアワークス
実業之日本社
2015-11-28

この連載について

初回を読む
プロフェッショナルの本棚

ホンシェルジュ

本棚は人を表す、といいます。本連載は、さまざまなプロフェッショナルの考え方・つくられ方を、その人のもつ本棚、読書遍歴、本に対する考え方などからひも解いていこうという試み。本がいまの自分をつくったという人から、ほとんど本を読まない人の本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

masa_shoji 最新記事、公開!! |[今なら無料!] 約3年前 replyretweetfavorite