コンテンツの面白さより、仕組みの面白さを追求する|真鍋大度(ライゾマティクスリサーチ主宰)〈後編〉

文化庁メディア芸術祭の常連受賞者であり、Perfumeだけではなくビョークなど海外アーティストからも演出のテクニカルサポートを依頼されるなど、国内外で高い評価を受けている真鍋大度さん。作品が世界的な注目を集めるきっかけとなったのは、YouTubeに投稿した動画でした。

—ここまでのところ、アーティストとしてまだ世の中に出ていっていない。ご自身の作品を発表するようになったのは、いつ頃からですか?

 IAMAS(国際情報科学芸術アカデミー)を卒業したのが2004年で、その後あまり自分の作品が作れていませんでした。そこへ、2008年に、自分の顔を電気刺激で制御する作品をYouTubeに投稿して大ヒットしたんです。それからソロの作品を依頼されるようになりましたね。

 作品をネットで共有できるって、当時はものすごく革命的なことだったんです。それまでは、作品を発表するには自分のサーバにアップするかDVDで配っていたんですが、YouTubeに映像を上げたら知らない人が見てくれる時代になったんです。

—その動画は何がウケたんでしょう?

 わからないんですよね、何がウケるかって。その頃、もっと面白い動画をアップしてるんですけど、そっちはバズらなかった(笑)。

 今では、TwitterなどのSNSで流行るとみんなの目に留まりますが、当時はまだミクシィなどSNSがクローズドだった時代なので、爆発的にバズる仕組みがあまりなかったんです。

 昔は、YouTubeのトップページでレコメンデーションしてくれるコーナーがあって、僕の作品を「世界おすすめ動画ナンバー1」に選んでくれたんです。そのおかげで、すぐ100万ビューに達しました。すると、CNNやディスカバリーチャンネル、MTVなど、いきなり海外のテレビに出ることになって。

—それで、海外からいろいろなオファーが来るようになったと。

 そうですね。「アルス・エレクトロニカ」という芸術祭で、パフォーマンスをやってくれというオファーを受けました。これは、オーストリアのリンツにあるメディア・アートの権威とされる祭典で、そこで賞をとることが一つのステータスとされるんです。そのあたりから、海外のメディア・アーティストたちとつながるようになりましたね。2009年ぐらいからしばらくは、海外のアーティストと一緒に作品を作っていました。

—顔に電流を流すのもそうですが、実験のような作品が多いですよね。

 そうなんですよ。作品を作っているというより、実験しているような感じで作っていたりします。YouTubeの動画も、「electric stimulus to face test」というタイトルをつけていて、要するに「顔に電気を流すテストをしています」と言っているだけです。

 それをキュレーターの人が見て、アート作品として扱ってくれたらアート作品になるし、医学系の人からもオファーが来たりすれば、研究の動画として見られたりする。ブラジルでライブをやったときは、翌日の新聞の見出しに「ジャパニーズ・コメディアン」って書かれたこともあります(笑)。

—確かにジャンル分けするのが難しそうです。コメディだと思われちゃったんですね(笑)。

 これはアート作品だからちゃんと作品として見てくれ、というようなことはあまり言いたくないんですよね。作品に社会的な主張や政治的なメッセージはないし、それをつけるつもりもない。そういうメッセージをつけたほうが評価されやすいのは知っているけれど、自分の好奇心や探究心を作品の中で重要なものにしたいんです。メディア・アートは、半分はアートで半分は研究みたいなところもあります。新しい技術を使って、人間がどう変わっていくかという実験を、作品を通じてやっているのに近いですね。

コンテンツの闘いになったら、すっと土俵を降りる

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
規格ハズレの履歴書たち

Tokyo Work Design Week

「自分らしい働きかたって?」「未来の自分、どんな仕事してる?」「仕事の武器って何?」――そんな疑問を持つすべての人にお送りする、「最高にワクワクする仕事」を見つけた先駆者たちのインタビュー。“新しい働きかた”をテーマとする国内最大級の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nishiaratter めちゃくちゃな面白さだった→ 3年以上前 replyretweetfavorite

Singulith コンテンツ、特にスケールの戦いのレベルになれば降りる、という戦略。  >https://t.co/IMxqyBkdBY 3年以上前 replyretweetfavorite