たった今、結婚しました

これまでユニークな恋愛論を展開してきた下田美咲さんが、本日結婚しました! おめでとうございます! 結婚に至るまでの経緯と想いをたっぷりと綴っていただきました。

たった今、結婚しました。

11月1日。

さきほど、入籍届けを出してきました。

私より一歳年下の26歳の、おっぱいが大好きな男の子と、結婚しました。

現在、妊娠はしていませんが、馴れ初めを語るにあたり先に明言しておきたいことがあります。

私は、これまで処女の可能性を残して活動してきましたが、本日付けで、処女の可能性を手放します。 実は、今回、食事デートを一度もしないうちに結婚を決めました。 セックスだけで結婚を決めました。下田美咲です。

ということで、処女かもしれない、というファンタジーは、もう見せてあげられないのですが、今後とも、よろしくお願いいたします。


子供の頃、自分は結婚しないものだと思っていた

惚れた腫れただけの結婚は絶対にしない、と決めていた。

「結婚なんて人生の墓場じゃん」という一言をはじめて口にしたのは幼稚園の遠足の時で、山道を歩きながら「私の夢はね、お嫁さんになること! 美咲ちゃんは?」と訊いてきた友人(5歳児)に、そう返していた。変な空気が流れたことを今でも覚えている。

物心ついた時から、結婚には悪い印象しかなかった。うまくいかないこと、って位置付け。

母からも、結婚なんてしない方がいいわよ、孫の顔とかも興味ないから別に産まなくていいんだからね、と常日頃から言われていて、親も全然望んでいないし、自分の将来に結婚は関係してこないものだと漠然と思っていた。

とはいえ、自分のそのスレた感じが嫌だった私は、中学生頃から、自分の中にある【結婚は人生の墓場説】を覆せないものだろうかと思うようになり「結婚の成功例を見てみたい、そうすれば結婚を良いものだと思えるはすだ」と考え、「うちのお父さんとお母さんは円満だよ」などという友人を捕まえては、よその家庭を覗く(ために入り浸る)日々を送っていた。

けれど、知ってる夫婦の数が増えるほどに、「ダメだ、どれにもなりたくない。きっと結婚という仕組みには無理がありすぎる……」という思いが深まった。

そんな私が数年前から「そうだ、結婚をしよう」と考えるようになった。

結婚しようと思った理由

キッカケは「もう他に、やったことがない思い出作りがなくなってしまった」と思ったからだった。バンジージャンプも、スカイダイビングも、滝行も、告白も、腸内洗浄も、経験してみたかったことは一通り制覇した。あとはもう、結婚と出産くらいしか、したことがないことがない。もう、結婚式くらいしか、次のイベントテーマを思いつかない。

出産に関しては、新しい命を巻きこむことなので、軽はずみに「退屈だから、やりたい」とも思えず、「よし、結婚式をしよう、とりあえず」と考えた私は「結婚式をするために結婚するのだから、相手は、面白い結婚式をやれそうな人材がベストだな」「よし、そういう基準で、旦那さん候補を探そう!」と決め、その観点での、婚活を始めた。

「結婚」=「結婚式」という感覚であり、結婚生活への意欲はなかったので「添い遂げられそうな相手なのか」は、どうでもいい気がしていて、結婚式後にうまくいかなかったら離婚すれば良いだけだ、と思っていたので、シンプルだった。

独身時代の私は「公私混同は、してナンボ」というスタンスで仕事をしていて、「好みの男の人と出会えそうかどうか」という基準で案件を決めていたため、どの現場にも好みの男の人がわんさかいる毎日だった。

「あの子もいいな、この子もいいな」状態で、25歳が終わる頃には、面白い結婚式ができそうな精鋭も出揃ってきていたため「そろそろ本腰を入れて吟味して、年末あたりに、この中の誰かにプロポーズをしたい」と、わりと真剣に考え始めていた。

そんな時期に、彼と出会った。

それが去年の7月だ。

ホストクラブで出会った彼

ホスト雑誌で連載を持っていた私は、ホストクラブで打ち合わせをすることがよくあったのだけど、その日も編集部との打ち合わせを兼ねた飲み会で、ホストクラブを訪れていて、彼は私の隣に付いたホストさんだった。

後日、2人で遊ぶことになり、その時にセックスをしたら衝撃的に良かったため、「なんだったんだ、あれは」と確認するために何度か会っているうちに、なんだかどんどん好きになった。

私の人生設計だと、年末あたりに結婚相手を定め、来年あたりに結婚しよう、と思っていたけれど、誰かと結婚するということは、彼とは遊べなくなる、ということだ。それは嫌だなぁ、と思った。

離れがたいなぁ。

彼と遊ぶようになって2ヶ月が経つ頃には、そう思っていた。

離れがたい存在ってどうしたらいいのだろう……。

結婚する場合は、彼とする、とか?

そんな風に、うっすらと思ったけれど、とくに付き合っていなかった上に、セックスくらいしかしていなかった(食事もしたことがなかったし、そもそも会話すらしてない)ので、もちろん彼の結婚観など訊いたこともなければ想像もつかずで、でも、なんとなく、私が見た感じだと「結婚式とか挙げなくて良くね? どうでもいい」ってタイプな気がした。

仮に彼と結婚するのであれば結婚式はできそうにない。(というか、そもそも結婚をできそうにない。結婚願望があるように見えない。)

まあ、仕方ない。じゃあ、今回の人生、結婚式はナシでもいいや。

と思った時に、あれ、私、すっごい好きじゃん、彼のこと……! ここ数年間、ゴールとしていた結婚式を、できなくていいや、って気になってる……!! と衝撃を受けた。

そして観念した。仕方ない、人生設計変更だ。こんなに好きなままじゃ離れられないし、彼のことを好きなうちは、彼と遊び続けることを第一優先しよう。結婚も、まだまだ、しなくていいや。

と思っていたら、遊ぶようになって3ヶ月目、彼からプロポーズされたのだった。

プロポーズの言葉

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
下田美咲の口説き方

下田美咲

下田美咲さんという女性をご存じでしょうか。13歳からモデルをしながらも事務所には所属せず、自宅の車を宣伝カーに改造してゲリラパフォーマンスを行ったり、「飲み会コール動画」などのオリジナル動画を180本以上手がけてYouTubeにアップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hdsm__________ https://t.co/NBTjnF4LHz 初めて定期購読したいと思った(しない) 7日前 replyretweetfavorite

showgo https://t.co/NpHFt7guls 6ヶ月前 replyretweetfavorite

erin_taso 演出的な部分もあると思うけどこの人面白いな~ 7ヶ月前 replyretweetfavorite

___aki1012 まって購読してしまいそうなくらい面白いこの人の記事続きが気になって気になってやばいhttps://t.co/Zlx14fYbto 9ヶ月前 replyretweetfavorite