俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

特別編「俺のサウナ」!おかわりは10回!?道内No.1サウナのロウリュを味わい尽くす!

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

約30人の熱波師が在籍し、朝8時から1時間おきにロウリュサービスを展開。直前に渡される氷のサービスがあり、脱水症状を防ぐ

 仕事で得られる充実感も薄れ、日々こなれた業務をこなす刺激のない毎日に辟易していた37(サウナ)の夜。初めて作法どおりのサウナ体験(サウナ→水風呂→外気浴の3セットコース)でトランス状態を味わって以来、多動症候群のごとくマイ・ベスト・サウナを探し求めているテキサスです。

 サウナは“合法的なドラッグ”とはよく言ったもので、得られる恍惚感は病みつきもの。あるサウナー(サウナ愛好家)は「僕にとってはSEXでイクときと同じレベルっす」と絶賛するほどだ。しかし、その状態に至るにはサウナ→水風呂の試練のみならず、店が醸し出す空気感という、何とも不確かな要素が大切になってくる。

 そんな最高のスポットを求め、今回訪れたのは札幌・ススキノにある「ニコーリフレすすきの」。キャバクラなどが立ち並ぶススキノ繁華街のど真ん中にあり、サウナーたちの間でも「北海道ナンバーワン」との呼び声高い同店に早速、行ってみた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード