それでも僕は、外科医をやめない

乾燥機付き全自動洗濯機のようなCAと結婚する若いドクターの話

世間一般では玉の輿と言われている医者との結婚。果たして医者の立場から見て、そういう結婚はどのように見えるのか? 現役外科医である雨月氏が率直な印象を吐露します。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

ここのところ暖かい日と寒い日がめまぐるしく来ています。「女心と秋の空」なんてよく言ったもので、くるくると天候が変わるのが秋という季節。うつろう空模様をぼんやりと一日中見上げてみたいものですねえ。

先日のこと。いつものように午前中の手術を終え、若いドクターたちと手術の控え室で昼食をとっておりました。すると、そのうちのカツ丼をかっこんでいた一人のなかなかのイケメン研修医がこんなことを言ってきました。

「先生、今度友人の結婚式に行くのですが、ご祝儀っていくらぐらい包むものなのですか?」

「へー、めでたいね。友人はドクター?」

「はいそうです。大学の時の同級生です」

大学の医学部生というのは、他の学部の人たちよりも結びつきが強い。大学は6年間もあるし、ほとんどの大学医学部はひとクラス100人前後しかない上に、ずっとそのメンバーで勉強したり実習をしたりするからです。

「祝儀は3万円がいいよ、二つに割れない数字は縁起がいいと決まっている」私がそう言うと

「結構かかるんですねえ……100人くらい呼ぶって言ってましたけど、そしたら300万円集まるんですね!」とイケメンは興奮気味。

「まあめでたい席だからね。冠婚葬祭ビジネスってのは人の感情にうまく取り入ったビジネスだよ、そういう席での吝嗇はみっともない」

「へー、先生ってなんでも知ってるんですね!」医者は世間の常識がありませんから、こんなごくわずかなビジネスの話をするだけで感心してくれるのです。

「それはそうと、どんなカップルなの?」興味津々に聞いてみました。

「はい、相手はCAなんですよ!すごくないすか!?」

「へえ、そりゃあすごい」とだけ言って黙っていました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pepbarca とはいいつつ、雨月メッツェンバウム次郎さんのコラムだけはたまに追いかける。医療業界の小噺話多いし、医者と結婚するためだけにCAになった人生設計完璧な女性を「乾燥機付き全自動洗濯機」というセンスがなんともはや。笑 https://t.co/KEEYMe58vH 3年弱前 replyretweetfavorite

poppy757 寝る前に凄く強烈なに出会ってしまい、噎せ返るほど笑いが止まらない状態です。ハンドルネームからして既に笑いを誘う状態なのですが、暇な時にでも少しずつ全部読んでみたいな、と。Tちゃんにも教えて一緒に爆笑しようっと。w https://t.co/tSbLzOcl1C 3年弱前 replyretweetfavorite

neriyco 珍しく先生が凹んでる…w平凡な人生を歩むのも才能です。それができない人は苦しむものです。 3年弱前 replyretweetfavorite

CHIYZE_CHIYZE CA嫁さんすごいね、若いのに。 リアル人生ゲームだよ。しかしつまる所何が目的なんだろうか?お金?人生設計制覇?ま、向こうからしたら私の様なミソイチはもっと理解不能だろうなぁ。|雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro https://t.co/tsQSjjpZML 3年弱前 replyretweetfavorite