本田翼の演技が直接的

『non-no』専属モデルの本田翼、CMでの表情が可愛すぎる、なんてことが話題になることもしばしば。かと思えばインドアだったりネガティブだったりするギャップにメロメロになるファンも続出。好感度の塊のような彼女を武田砂鉄さんがどう評するのかと思えば、テーマは演技。そこを突くか、と思われるかもしれませんが、『校閲ガール・河野悦子』にも出演する女優・本田翼を、編集者として出版社で働いていた武田さんがどう評するのか、ぜひ最後までお読みください。

「モデル上がりの女優」「ライター上がりの作家」

「モデル上がりの女優」という言い方を躊躇なく使えるのは、モデルよりも女優が上位にいると皆が認知しているからであって、そこに「AV落ち」なんて言葉をぶつけてみると、人様の上下降を職種で判別しているのだから、私たちったらすこぶる適当である。ライターを名乗る自分の身に置き換えるならば「ライター上がりの作家」や「作家くずれ」なんて言い方が用意されるが、途端に「別に作家に上がろうとする気はないし、そもそも作家様から下った場でライターをやっているつもりなどない」とすっかり機嫌を損ねてしまう。「モデル上がりの女優」という言い方に対しては、女優に上がった元モデルも、女優に上がっていないモデルも、その都度機嫌を損ねているのではないか。

モデル上がりの女優は「演技がヒドい」と言われがちだ。劇団出身の女優は「演技が上手い」と言われがちだ。確かに多くの場合においてそのテーゼの通りではあるのだが、人様の上下降を職種で判別する私たちは、実際にその演技を見る前から、あらかじめ減点や加点を済ませてしまう。モデル上がりの女優、本田翼と山本美月がW主演を務めた新作映画『少女』を観に行ったのだが、個々人が抱える安直な闇が「これが伏線となりますので!」とシーンごとに声高に主張され続ける映画で、「それって伏線と言えるのかしら」と首を傾げてしまった。言葉としては矛盾するけれど「単純な複雑構造」がなかなか苦しかった。でもそれは観る前に済ませておいた減点が影響しているのかもしれない。

困るシーンでめっちゃ困り、泣くシーンでめっちゃ泣く
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

祝・重版出来!『紋切型社会』の著者・武田砂鉄による新しい時代の芸能評論。

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

arisakasan 「本田翼の演技って、こういう「着回し1ヶ月コーディネート」的なところがある」 腹落ち&腹落ち 約3年前 replyretweetfavorite

t_kikunaga あーなんかすごく腹落ちする。 約3年前 replyretweetfavorite

yokochie なるほど、あくまで写真映りがいい演技ということか 約3年前 replyretweetfavorite

marico_o 校閲ガール、SCOOP!や舟を編むに通じるお仕事ものとしても、この石原さとみと本田翼のザ・なところをみるのも好きなんです。なんか切り捨てられない惹かれるところ 約3年前 replyretweetfavorite