星の光の向こう側(後篇)

VR技術は、世界とアイドルをいかに変えるのか? そして、ライブ開始2秒で完璧に意識を《向こう側》へ没入させた柴田勝家Pはどうなってしまうのか――? 前篇に引き続き、SFマガジン12月号の記事を特別公開します。


『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』2,296円(税抜)Playstation VR専用
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc

■P仲間達とともに

「イェェエエ! ヴォイッ! ヴォイッ!」

 ワシは叫んでいた。

 ここがバンダイナムコエンターテインメントの本社であることなど忘れていた。ここは舞浜アンフィシアターで、ワシは彼女達のライブを見守っている。振り返れば、そこには仲間達もいた。無数のP達が、声を張り上げ、思い思いにコンサートライトを振っている。ライブ中に座席の変更もできるという。確かに最前近くで、アイドルの姿をしっかりと見る、作り込まれた精緻なモデリングを堪能する、その楽しみはあった。しかしワシはこの時、自分を取り囲むP仲間達の姿があることの方に安堵した。


「お願い! シンデレラ」

「蘭子ちゃああ!」

 アイドルの一人、神崎蘭子がこちらを見て笑ったような気がした。幻覚だと笑う者もいるだろう。ワシもそう思う。

 続けてプレイしたのは「Star!!」。飛び跳ねるみりあちゃん、楽しげに前に出るみくにゃん。ところ狭しと動き回る彼女達。翻るステージ衣装、あえて完璧な同期をさせないというステップ。ライトを浴びて踊る彼女達の姿はゲーム画面であるはずなのに質感を伴い、音響も見る時の席によって立体的に感じられる。まさしくアイドル達が、本当にそこにいるように思えた。


「Star!!」

■光の向こう側へ
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』体験記

柴田勝家

若きSF作家はVR空間で何を見たのか? 最新のVRゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』を、シリーズのファンでもある柴田勝家氏が全力で(本当に全力で)レポート。SFマガジン12月号、VR/AR特集...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

DTLOD そういやボードリヤールが存命でVR見たらなんと言うやろか( ・ω・ ) 3ヶ月前 replyretweetfavorite

sai_tori https://t.co/WPzjiSuO2S "今はまだVR世界は聖別された空間だが、これが日常と代わる日が来たのなら、現実の意義も変わるだろうか。それともアイドルのライブという現象だけは、いつまでも祝祭の場たりえるだろうか" 3ヶ月前 replyretweetfavorite

hykw_SF 「イェェエエ! ヴォイッ! ヴォイッ!」 のレポート(後篇)> https://t.co/QdwRSAW4b4 3ヶ月前 replyretweetfavorite

xxxo08848773 すげいや デレマスVRは果たしてゲームなのかと思ってたけどきちんと需要を満たしているらしい…! 3ヶ月前 replyretweetfavorite