三菱最強伝説

第23回】“長兄”重工の改革断行が示唆 三菱といえども安住の地なし

三菱御三家の中でも“長兄”と呼ばれる重機メーカーの三菱重工業が、近年になって大変革を断行している。それはいわば、三菱グループ企業に巣食う甘えとの決別の象徴だった。

 仏大統領へ直談判するために、フランス・パリにある大統領官邸のエリゼ宮に乗り込む──。三菱重工業トップのそんな姿を、誰が想像できただろうか。

 2014年6月、仏重電大手アルストムのエネルギー事業をめぐる世界争奪戦が繰り広げられた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
三菱最強伝説

週刊ダイヤモンド

売上高の合計が優に50兆円を超える日本最大のコングロマリット、三菱グループ。凋落説もささやかれるが、それを物ともしない巨大な「三菱経済圏」を築いている。なぜトップに君臨できるのか。その秘密に迫るため丸の内の“奥の院”を徹底取材した。知...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません