文学読んでる自分、カッコいい!」から『文豪失格』ができるまで

「芥川さん好きだわ」「安吾っち素敵!」。近頃、Twitter上でこんなツイートが飛び交っている。話題の中心は、文学史が題材のギャグ漫画『文豪失格』。漱石、芥川、太宰など、有名な文豪たちが一堂に会し、アキバに行ってラノベを書いたり、婚活パーティーに行ったり……破天荒なエピソードを次々に繰り広げる。作者・千船翔子さんは、やはり生粋の文学マニアなのだろうか? 彼女の読書経歴について、お話を伺った。

「経歴作り」のための読書からスタート

— 『文豪失格』の作中には、たくさんの文学者や作品が登場します。そのような文学作品には、昔から親しみがあったのですか?

千船翔子(以下、千船) いや、実はぜんぜん……(笑)。小学生のときから、図書室にはよく行っていたんですが、その理由が、「本をたくさん借りてる人ランキング」に入りたかったから。全校集会で毎月、発表されるんですよね。だから、そのランキングに入りたくて、毎日本を借りに行っていました。でも、ランキングに入りたいだけなので、読まないで返したものも多い(笑)。

— どのような本を借りていたのですか?

千船 江戸川乱歩はよく借りていました。表紙が怖そうだったので、刺激がありそうだから、っていう理由で。あと、伝記ですね! 伝記はたくさん読んでました。野口英世とか、ガンジーとか、マザーテレサとか……有名どころは全部読みましたね。

— 相当お好きだったのですね。

千船 そのころから、歴史はすごく好きでした。当時、学級新聞の新聞係だったんですけど、「歴史コーナー」っていうのを作って、自分で歴史のことを調べて記事を書いていたんですよ。文章が基本だったけど、イラストも描いてました。そのときハマっていたのは、源氏と平氏。でも、周りからは「マニアックすぎる」って言われて評判はよくなかった(笑)。


『文豪失格』(実業之日本社)より。以下同様

— 小さいころは、純文学ではなく歴史モノに夢中だった。

千船 ……正直に言うと、『文豪失格』を描くまで、文豪とか純文学には疎かったんですよ。個人でずっと歴史のブログをやっていたら、それを見た出版社の方から、「明治時代の歴史モノを描いてほしい」って声をかけていただいて。だけど「文豪モノ」って話はいっさい聞いてなかった(笑)。出版社に行って初めて、文豪漫画を描いてほしいと頼まれて、びっくりした。なぜ私なのだろう、と……。

— 担当編集者の方によると、「これだけ幅広い歴史が好きな方だから、きっと文豪にもハマってくれるだろう」と思われたのと、何より千船さんの圧倒的なギャグセンスに魅力を感じられていたとか。

千船 歴史は好きなんですが、文豪は私にとって、新境地だったんですよね。なので、私には力量不足だろうと思い、最初は、お断りしようとも考えました。実際編集さんは、文豪モノと言ったら、断られるだろうと思い、あえて言わなかったのだそうです(笑)。

— それでも、『文豪失格』はもちろん、Twitterで呟かれている豆知識などを拝見していると、文豪への造詣がとても深いように感じます。そのような知識はどのように得られたのですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

文豪たちを描く、愛あふれる教養ギャグ漫画!

文豪失格 (リュエルコミックス)

--- - "千船 翔子" - AIRAGENCY・フロンティアワークス
実業之日本社
2015-11-28

この連載について

初回を読む
プロフェッショナルの本棚

ホンシェルジュ

本棚は人を表す、といいます。本連載は、さまざまなプロフェッショナルの考え方・つくられ方を、その人のもつ本棚、読書遍歴、本に対する考え方などからひも解いていこうという試み。本がいまの自分をつくったという人から、ほとんど本を読まない人の本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kan_na_ 岡田あーみん先生の名前が出て来てわー! ってなった! 約4年前 replyretweetfavorite

kingfisher11500 > 「難しそうな本を読むほど自分のカッコよさが増す」と勘違いしていたので のとこで、共感しすぎてお茶吹き出した。← 約4年前 replyretweetfavorite