FOK46—フォークオーケン46歳
【第13回】フライミートゥーザムーン

何かの表現で人が世に出るにあたっては、「才能と運と継続」が必要だというオーケン。才能と運という個人差のあるものの不足を補うには、継続あるのみ。ひたすらギターの練習をするオーケンにコード表をつくってくれたのは、20年来付き合いのある女性ミュージシャンで。「才能」あるはずの彼女には、彼女ならではの悩みがありました。

 何かの表現を人が新しく試みようと考えた時、成功に必要なことが明確に三つだけあると思うのだ。
 才能と運と継続である。
 これは、表現者のはしくれたる僕の40代現在の結論だ。

 最初の二つは個人差であり、もうどうしようもない。となれば、2/3の要素の欠けたものに残された可能性は継続のみということになる。継続だけを命綱に、しつこく食らいついていれば、ではどうなることか? もちろん一流になんかはなれない。二流とまでも言えるかどうか。でも、“なんちゃって”、と呼べる程度の、中の下、下の上、くらいにはなれると思うのだ。それはなんとも哀しく、むなしく、むごい現実だが…そういうもんでしょ?
 誰に対しての「そういうもんでしょ?」なのかまたまた不明だが。そういうものである。

 2013年の2月、47歳の誕生日を目前に控えた僕は、単独弾き語りライブを行い、約20曲をギターを用いて弾き語った。ではすっかりギタリストになることができたのかと言えば、いやいやこれ全然、それこそ“なんちゃって”ギタリストだったのである。単純なコードストロークとプリミティブなアルペジオがやっとの”なんちゃって”弾き語りであった。

 でも、そこがギターという楽器の特性であり良いところとも言えるかもしれない。練習の方法さえ押さえれば、誰でもギターは“なんちゃって弾き語り”くらいはさせてくれるのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
小説 FOK46—フォークオーケン46歳

大槻ケンヂ

30年以上音楽活動を続けてきた、ロックミュージシャンの大槻ケンヂ。楽器演奏と歌を歌うのを同時にできないという理由で、ボーカルに徹してきた彼が、2012年、ギターの弾き語りでのソロツアーを始めた。その名も『FOK46(フォークオーケン4...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード