いま西川美和は後悔する、幸せな瞬間に幸せだと感じることは難しい、と。

子育て、家族の多様性、そして依存と自立。公開中の映画『永い言い訳』を巡り、芳麗さんが、西川美和さんが思う幸せを掘り下げます。過去作をすべて取材をしてきた芳麗さんだからこその“永い問いかけ”に、西川さんはどう答えるのでしょうか。最終回では西川美和さんに、子育てと家族、そして連載のテーマでもある幸せな瞬間についてお聞きします。
この道20年のベテラン女性誌ライター・作家の芳麗さんが贈る、“ありふれた女”たちのための幸福論です。

子育ては、免罪符なのか。

芳麗 西川さんの家族観についても伺いたいなと。今も、お一人ですか?

西川 はい。

芳麗 『蛇イチゴ』も家族がテーマでしたが、『永い言い訳』でも、「家族」について描かれています。子供や家族を持つ人、夫婦ではあるが家族にはなりきれない人、いろんな立場の視点や思いが描かれていますよね。
 拝見していて、「新しくて自由な家族の形があっていい」という監督の思いも現れているように感じられました。

西川 実際にそう思っています。結婚する・しないも、子供を持つ持たないも、「こうあるべき」という型にはめると苦しくなりますよね。だから、この映画では、私の1つの理想を描いていたのかなと。
 大宮一家のように家族を持つものと、幸夫のように1人でいるものが棲み分けられず、ほどよい距離感で関わり合えるのが理想です。自分の子供にこだわらず、他人の子供でも可愛がれるような社会だといいなと思うんです。

芳麗 そういえば、西川さん! 以前、「自分に時間と金銭に余裕があるなら、里子が欲しい」とおっしゃっていましたよね。劇中の幸夫と同じように、「自分の遺伝子が残るなんて恐ろしいから、子供はさほど欲しくない」とも(笑)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ありふれた女の幸福論

芳麗

cakesでも「雑誌が切り取る私たち。」でお馴染み、この道20年のベテラン女性誌ライターであり作家の芳麗さんが贈る“ありふれた女”たちのための幸福論です。芳麗さんが敬愛する女性を招いて、幸せとは、あるいは不幸せとはなにかを探していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith >「至近で子育て中の私の妹にその話したら、反発するどころか、「そうだよ。わたしにとっても子育ては免罪符ってところはあるよ」とあっさり(笑)」  https://t.co/2Q5hu4WCqh 2年以上前 replyretweetfavorite

yoshirei0702 西川美和さんとの対話、最終回。子育ては、免罪符? 「女の幸せ」は自立にも依存にもない?…など最も深い話を。西川さんには定点で話を聞いていますが、この日の空気はとても優しく独特でした。読み手、観客への愛を感じた。| 2年以上前 replyretweetfavorite

int13z " 人間っていつも気づくのがちょっと遅れるんですよ。 幸せな瞬間に幸せだなと感じることはすごく難しい " 西川美和 |芳麗 @yoshirei0702 | 2年以上前 replyretweetfavorite

3mtm3 https://t.co/A9DNRoUvet「自分に時間と金銭に余裕があるなら、里子が欲しい」「自分の遺伝子が残るなんて恐ろしいから、子供はさほど欲しくない」とも そう思っている人って実は少なくないと思います。 2年以上前 replyretweetfavorite