久本雅美を支持する母体

今回取り上げるのは、タレントの久本雅美です。彼女が長年所属している団体といえば、WAHAHA本舗。彼女が熱心に信じていることといえば、福山雅治との結婚。だそうですが、今も昔も変わらずにテレビに出続けている彼女も、最近では「嫌いな女性タレント」のようなアンケートでもしばしば見かけるようになりました。あまりやることが変わっていないように見える久本雅美は、なぜ嫌われてしまったのでしょうか?

「よろチクビ!」の現在

昼間、外で働いている人は『ヒルナンデス!』をさほど見ないだろうが、家で働いているこちらは毎日のように見ているので、金曜日レギュラーの久本雅美が未だに「よろチクビ!」方面で笑いをとろうとする瞬間に度々立ち会う。「いつまでも結婚できない私」や「出っ歯」で、まだまだその場を健やかに荒らしている。テレビの前で彼女の話の流れを察知し、「くるぞ、くるぞ」と構えた後でそれらが本当に出てくるものだから、つい、釣り竿を「きたっ!」と引っ張り上げるような興奮を覚えるのだが、『釣りバカ日誌』が長い間、針に魚をつけた状態で釣り上げるシーンを撮影してきたように(後半から生きている魚に変わった)、それはあらかじめ約束されていた釣果ではなかったかと、昼間からヌルい察知を自省する。

NHK放送文化研究所は2003年まで「好きなタレント調査」を実施していたが、最後の6年間連続で男性1位だったのが明石家さんまであり、3年間連続で女性1位だったのが久本雅美である。互いにその頃から現在に至るまでスタンスを変えずにいるが、差は歴然としている。久本の出演番組が低減しているとはいえ、『メレンゲの気持ち』『秘密のケンミンSHOW』など、MCを務める番組を堅持していることを考えれば、とりわけこの数年間、彼女を受け付けないとする数値(週刊文春「女が嫌いな女ランキング」等)や言質を頻繁に見かけるようになったことを説明するには別途の理由が求められる。「同じことを繰り返している」という振る舞いに対する評定は、テレビの中の流行りの瞬間風速が上がれば上がるほど評価対象にもなるはずなのだが、久本の場合は「そうそうコレコレ」にならず、「またかよ」になる。なぜ「よろチクビ!」は受け入れられなくなったのか。

実体を伴わない下品
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

祝・重版出来!『紋切型社会』の著者・武田砂鉄による新しい時代の芸能評論。

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

dashlion この考察面白かった。下品と品のある状態の振れ幅が狭いから、最近久本の人気が低迷してる理由だという。ギャップをいかに作るか。 11ヶ月前 replyretweetfavorite

Tamayan23 ふーん・。・ 私と同い年と思ってたら年上だったつー!w 嘘ぽい人だから見たくない人だわ https://t.co/Xi4YISok25 12ヶ月前 replyretweetfavorite

NBrocade 何だこの記事?キチガイとカルト宗教って何故書かないキチガイ!!!!創価学科撲滅!それ以外何があるんだよ 。人間として認めない、絶対。一匹残らず死ね。 12ヶ月前 replyretweetfavorite

snow_is_cold #SmartNews やったぁ! https://t.co/Ov4H2ssRoT 12ヶ月前 replyretweetfavorite