第16回 ジョブスに見えていた未来、東レに見えていなかった未来

「アップルの日本法人設立時には、東レの製品在庫をアップルがすべて引き取る。さらには、その商品在庫にかかった金利と倉庫保管料など、すべての経費はアップル側が負担する」この東レに圧倒的に有利な条件をジョブズはあっさりと飲んでしまいます。アップル・コンピュータとスティーブ・ジョブスが見ている未来というのを理解していないのかもしれないという、漠然とした不安が東レを包み込みます。

登場人物たち

スティーブ・ジョブズ 言わずと知れた、アップルコンピューターの創業者。1976年に創業し、1980年に株式上場して2億ドルの資産を手にした。その後、自分がスカウトしたジョン・スカリーにアップルコンピューターを追放されるが、1996年にアップルに復帰。iMac, iPod, iPhone などの革新的プロダクトを発表しアップルを時価総額世界一の企業にする。

水島敏雄  東京で「ESDラボラトリー」という小さな会社を営む。マイコンの技術を応用し、分析、測定のための理化学機器の開発を行うために作った会社で、ESDという名称は、 Electronics Systems Development の頭文字をとっている。東レの研究員として働いていた時代から大型コンピュータや技術計算用のミニコンに通じており、マイクロコンピュータの動向には早くから注目していた。ESDは日本初のアップルコンピューターの代理店となる。

『スティーブズ』

曽田敦彦 構造不況の中、業績が芳しくない東レが、「脱繊維」を掲げ新分野として取り組んできたのが磁気素材の分野だった。ソニーのベータマックス用としてはさらに薄地で耐久性のあるテープ素材の開発が必要で、45歳になる曽田はこのプロジェクトの中心として部下に20名以上の研究員を従えている。地味で根気のいる仕事ではあったが、東レがハイテク新素材メーカーへステップアップする上でこのプロジェクトは重要な意味を持っていた。


期末の三月になりアップルとの契約交渉はさらにスピードアップする必要がでてきた。東レリサーチセンターの曽田が綿密にやりとりした積み重ねのおかげで、残された項目はかなり絞られている。

打ち合わせでアップル本社を訪れるたびに、オフィスをせわしなげに出入りしていた青年が、実はハイテク好きの若者たちにとっての教祖的存在である創業者スティーブ・ジョブスという男であることを羽根田が知ったのもこの頃になってのことである。この若き青年実業家が率いる自信と独創性にあふれたベンチャー企業が、日本の重鎮企業ともいうべき東レと対等にわたりあおうとする状況は、サラリーマンとしての枠組みの中で働く羽根田の興味と嫉妬心をくすぐった。

交渉の過程で、羽根田はひとつのことに気付きはじめた。本国アメリカにおけるアップルⅡは、コンピュータ産業というよりもまるでロックバンドのようなカリスマ性をユーザーたちへ放ちはじめている。羽根田には、ただの箱がどうしてここまで支持されてしまうのかさっぱり理解できなかったが、この「アップル」の覇権がやがて自分の手の中に入ってくることにいささかの期待感が高まるようになっていた。

ジョブス率いるアップル陣営は、時期を追うごとに、強気さを増していった。輸入リスクについては、東レアメリカをいったん介することで決着がつきかけていた。だが、契約期間を1年単位にしたいという意志だけは決して曲げようとはしない。状況に応じて臨機応変にパートナーを変えたいという点において契約は一向に進まないのである。このままでは東レとしてもあまりにリスクが高すぎる。だが細かく話をつきつめると、交渉のポイントはしだいに、アップルが日本に直接進出した際に、それまでの東レ側の投資を誰がどう負担するか?ということに羽根田は気づいた。

「だったら、アップルにその費用を負担してもらえばいいじゃないか」そう割り切って、羽根田は思いきった提案をしてみることにした。

「アップルの日本法人設立時には、東レの製品在庫をアップルがすべて引き取る。さらには、その商品在庫にかかった金利と倉庫保管料など、すべての経費はアップル側が負担する」

この条項文によって、アップル日本進出までの流通を東レが肩代わりするという考え方が明確になった。アップルは意外なほどあっさりとこの条件を飲んできた。交渉はようやく合意に向かって進み出した。

「彼らが求めているのは目先の売り上げなんかじゃない、信じられないほど高邁な理想なのだ」

羽根田は逆に唖然とした。

この条項は、東レが在庫を気にかけることなく仕入れができることも意味していた。ここで、長い時間がかけられた取引条件の落とし所はほぼ固まりはじめた。

四月になると、羽根田は特命の担当者としてではなく、貿易課という部署の担当メンバーとして業務を開始することになる。管理職ではないが、営業面における実質的な主導権は彼の手にあった。販売チャネルである代理店の選択がその主務であるが、これまでの経緯からESDと東レリサーチセンターをはじめとして合計6社を代理店に選び出し、以後東レが輸入したアップル製品を小売店(特約店)に卸すという輪郭が羽根田の手によってできあがっていった。

中でも今回のスキームづくりに対して最も協力的だったのは、東レのOBでもあり、当初からアップル製品を扱っていたESDの社長水島だった。水島は、アップル製品を日本に紹介し、育ててきたことにプライドを強く持っている男だった。

「もともとはTRCがやると聞いていましたが、東レ本社がやるということで大変嬉しく思っています。これまでにもいろいろとアップルに助言をしてきたのですが、東レの皆さんに肝に銘じておいてほしいことがあります。コンピュータというのは、売ってから後がやっかいな商品だということです。利益追求もいいですが、今まで私たちが蒔いてきた種を決してムダにしないでいただきたい」

水島は自分がかつて籍を置いていた古巣企業の営業担当者と顔を合わせるたびにそう語った。それが果たしてどういう意味なのか、貿易課の一担当者にすぎない羽根田が知るのはずっと後になってのことであった。


この連載について

初回を読む
林檎の樹の下で -アップルコンピュータジャパン物語- ✕スティーブズ外伝

うめ(小沢高広・妹尾朝子) /斎藤 由多加

ふたりのスティーブ、ジョブズとウォズニアックが設立したアップルコンピューターは、1977年4月、サンフランシスコで開催されたウェストコーストコンピュータフェアに出展した。ジョブズがこだわりにこだわったベージュ色の本体の数が足りないので...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

machan 元の本は先日本棚整理してたら持ってた。うめさんの絵はないけど | 約1年前 replyretweetfavorite

prisonerofroad #スティーブズ 約1年前 replyretweetfavorite

Singulith >「「アップルの日本法人設立時には、東レの製品在庫をアップルがすべて引き取る。さらには、その商品在庫にかかった金利と倉庫保管料など、すべての経費はアップル側が負担する」」  https://t.co/Y3A7uc8Cqs 約1年前 replyretweetfavorite

sumita_hiroki 日本は退屈だ。 どうしてみんな、つまらないことにばかりリソースを注ぎたがるのだろうか? 分からない。 先端の情報からは、魅力ある未来の姿が見えてくる。 AIは既に通り過ぎた。 ドローンはDJIに任せておけばいい。... https://t.co/dXCL8QU5l6 約1年前 replyretweetfavorite