トランプのセックストーク・スキャンダルがようやく共和党の目を覚めさせた

アメリカ大統領線の本選を11月8日に控え、民主党のヒラリーVS共和党のトランプの間で、緊張が高まる中、とんでもないスクープが出てきました。なんでも、11年前の2005年に録画された非公開ビデオになんとも卑猥なトランプの発言が記録されていたそうで……。
アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんによる、アメリカ大統領選のやじうまレポートをぜひお楽しみください。

トランプは、これまでどんな嘘をついても、暴言を吐いても、予備選で圧勝し、本選でもヒラリーと接戦を繰り広げてきた。トランプを支援したくないことが明らかな共和議員でさえも、トランプ支援者からの攻撃を恐れ、堂々と彼を批判することができずにいた。

その状況は、本人が「(マンハッタンの)5番街のど真ん中に立って人を撃っても、支持者は失わない」とスピーチで自慢するほどで、トランプは無敵だと見られていた。どんなスキャンダルも跳ね返す防弾チョッキを着ているような感じだ。

ところが、10月7日に、由緒ある大手メディアのワシントン・ポスト紙がネットに掲載したスクープ記事は、初めてこの防弾チョッキを貫き、トランプに大きな痛手を与えたのだ。


スクープは、11年前の2005年に録画されたNBCの非公開ビデオだ。

当時のトランプは59歳。『アプレンティス』というNBCの人気番組のスターとして有名で、三番目で現在の妻のメラニアと結婚したばかりだった。

このビデオは、トランプがソープオペラ(アメリカ版昼メロ)にゲスト出演するのを、芸能ゴシップ番組の「アクセスハリウッド」がレポートするときのものだ。だが、トランプと「アクセスハリウッド」の司会者ビリー・ブッシュ(43代ブッシュ大統領の従弟)は、マイクがONになって録音されていたことを知らなかったのか、バスの中で露骨な雑談を交わしている。映像はバスの外のもので、二人の姿は見えない。

以下の内容は、とも卑猥で下品だ(要注意)。


(テープが始まるまで、二人が知っているある女性のことを話していた様子)

ブッシュ 彼女はものすごく美人だったよね。今でもきれいだけれど。

トランプ じつは迫ったことがあるんだぜ。彼女、パームビーチにいたことがあるだろ。誘惑したんだけどね、失敗した。それは認める。

ブッシュ わお。

トランプ ファックしようとしたんだけど。彼女は結婚していたけどね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大統領選がわかる、楽しめる! この連載が書下ろしを加え、電子書籍になりました!

この連載について

初回を読む
アメリカ大統領選、やじうま観戦記!

渡辺由佳里

みなさん、2016年は4年に一度の祭典、オリンピック!ではなく、いいや「アメリカ合衆国大統領選挙」の年です。世界情勢にもつよい影響をおよぼす、オバマ大統領につづく大統領は誰なのか? アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、このビッグイベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nenbtunotetsu <ようやく彼らは、 約1年前 replyretweetfavorite

makosaku45 投票1ヶ月前でこれが出てくるというのは出来過ぎのような気がするのは考え過ぎ? 約1年前 replyretweetfavorite

tirby_k 『ようやく彼らは、トランプの犠牲者の中に「自分の妻や娘」が含まれることが想像できるようになったのだ』 約1年前 replyretweetfavorite

hare20151201 >ようやく彼らは、トランプの犠牲者の中に「自分の妻や娘」が含まれることが想像できるようになったのだ 実はここが重要だったりします。 約1年前 replyretweetfavorite