​性格は変えられない

三つ子の魂百まで、なんて言葉がありますが、人の性格というのはなかなか変えられるものではありません。まわりと調和できる性格ならいいのですが、軋轢を生むタイプだと大変です。自身も適当な性格を変えられないというbar bossa店主・林伸次さん。そんな林さんが培ってきた、どうしてもまわりに合わせることができない人への対処法です。

山奥で一人で暮らしている人

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

昔、テレビを観ていたら、「山奥で誰とも接触せずに一人で暮らしている人」を取材するという番組をやってたんですね。で、色々とあって、TVカメラの前にその人が現れたんです。そしたらやっぱりその人、すごく変わっているというか、まあ「一般社会でうまくやっていけないだろうなあ」って印象の人だったんです。

で、この人も若い頃からいろんな葛藤はあって、やっぱり周りとはたくさんのトラブルがあって、どうしても自分は受け入れてもらえなくて、色々と考えたあげく、「もう誰とも接さなくて良い、山奥で一人で暮らそう」って決めたんだろうなあ、って想像しました。

こういう人を見てよく思うのが、「性格って直せない」ですよね。「自信がなくて人前で上手に振る舞えない」という人もいれば、「根拠のない自信があって、何も結果を出していないのに偉そう」という人もいたりして、本当にいろんな性格の人が世の中にはいるものです。

そして「自信のない人」はそれなりに気にしていて、「もっと自分に自信を持って行動しよう」なんて本を読んだりしているかもしれないけど、まあ、そんなに効果はないですよね。あるいは「根拠のない自信がある偉そうな人」も、みんなにちょっと嫌がられたりしているのは気がついているけど、やっぱり自信があるわけだし、どうしようもないんです。

ホント、性格って直らないんです。じゃあどうすれば良いのでしょうか? まずひとつの方法は、自分の性格を受け入れてくれる場所を自分で探すというものです。例えば僕はすごく適当でいい加減で、さらにその場のノリで適当なことを言うっていう自覚があるんですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

KUNIHISA_A 性格は変えられない|林伸次 @bar_bossa | 2年以上前 replyretweetfavorite

s_kjman 性格は変えられない|林伸次 @bar_bossa | 2年以上前 replyretweetfavorite

t374589 性格は変えられない|林伸次 @bar_bossa | 2年以上前 replyretweetfavorite

kyonkokoko 性格は変えられない|林伸次 @bar_bossa | 自分が好きな人たちだけと生きていきたい 2年以上前 replyretweetfavorite