トランプ大統領はあり得るのか?—大原ケイ×渡辺由佳里【後編】

先日、大原ケイさんと渡辺由佳里さんがおこなった、大統領選挙についてのトークイベントの後編です。メディアではヒラリー候補の健康問題が頻繁に取り上げられていますが、お二人に言わせると「トランプよりヒラリーの方がずっとタフ」だそうです。体調不良報道の問題から、とんでもない発言を繰り返すトランプの胸の内まで、大統領選の現場について詳細に語ります。

先日、日本に帰国中、ニューヨークを活動基盤にする文芸エージェントの大原ケイさんから「ねえ、大統領選についておしゃべりイベントしない?」というお誘いがあり、今年の大統領選挙について東京でトークイベントを行いました。そのハイライト、後編をお届けします。

選挙を左右する地上戦とは

大原ケイ(以下、大原) ところで、トランプは「地上戦」に弱いですよね。

渡辺由佳里(以下、渡辺) 地上戦って日本の方にはわからないですよね? 普通の人の家に行ってドアを叩くんですよ。私もアメリカに戻ったら行く予定です。知り合いから誘われていて。

大原 テレビには頻繁に出てくるし、ヒラリーの動員数も大きいけれど、その人たちがちゃんと投票者登録をして当日投票してくれないと勝てない(登録せずにいきなり投票所に現れても、投票はできない)。登録させて、投票所に足を運ばせる、という地上戦に関しては、ヒラリーのほうが8年前から大統領になるために準備してる。
 表面的な人気だけだとトランプが勝ちそうだけど、予期しない出来事さえなければ、ヒラリーでしかあり得ないと思う。

渡辺 でも今回の選挙は、これまでの常識が通用しないから、成り行きはわからないです。

大原 さっき、地上戦に行くと言ってましたけど、どこに行くんですか?

渡辺 私はニューハンプシャー州に行きます。ニューハンプシャーは、現在はヒラリーに傾いていますが、トランプの熱烈なファンが多い州です。民主党にとって、ニューハンプシャーは絶対に押さえておかないといけない州なんですけれど、けっこうあぶない。

会場 それはボランティア・バスとかで送迎してやるんですか? それとも投票所に現地で集合?

渡辺 高校の駐車場に集まって、そこで、いくつかに分かれて運転して行くんです。時々嫌な思いはするけれども、いいおしゃべりができることもあると聞いています。ボランティアの地上戦には電話戦略もあります。「次の選挙、誰に投票するんですか? 重要な選挙ですから、ちゃんと投票してくださいね」みたいな電話の飛び込み営業みたいな内容です。

大原 由佳里さんの住むマサチューセッツや私が住むニューヨークは、結果がほぼ決まっているから、あんまり周囲に呼びかけても意味がないんですよね。ニューハンプシャーみたいにスイング・ステートとして重要なところに出かけて地上戦に参加しないと。そういう点でも、アメリカはボランティアの利用の仕方がすごく上手な国ですよね。

渡辺 日本では想像できないでしょうが、お年寄りで交通手段がない人をバスでお迎えに行って連れて行くっていうサービスとかもあります。そうやって選挙に行ってもらうのも地上戦です。投票できるように登録するのを手伝うのも。

大原 それに対して共和党はすごいことをやっています。民主党が強い場所では、投票を阻止するために事前から、お年寄りだと行きづらいように、その日投票できるところを少なくして遠くに行かないと投票できないようにしたりとか。田舎のお年寄りは、パスポートや運転免許所のような身分証明書を持ってない人も多いんですよ。投票は国民の権利だし、これまで不正事件はほとんど起きていない。なのに、突然身分証明書がないと投票できないルールに変えてしまう。
 アラバマとかでおばあちゃんが、「アタシは50何年も投票してるけどパスポートいるなんて言われたのは初めてです」という事態になる。特に、共和党が嫌がらせのターゲットにするのが、黒人の民主党員が多い場所なんですよね。

ヒラリーの体調とトランプの気まぐれ

会場 ところで、ヒラリーの体調は実際どうなんですか?

渡辺 ヒラリーは、元気な人ですよ。でも無理をするタイプ。トランプもタフだけれど、ヒラリーのほうがずっとタフです。トランプがするのは大きな集会だけ。でも、ヒラリーはおもに小さなタウンホール形式。このやり方だと、一日に何回も移動があり、支持者と直接接する機会も多い。


タウンホール式イベントで少数と身近で接するヒラリー

大原 いろんな人とあってハグしたりとか握手したりとか。トランプは自分の飛行機で乗り付けて壇上で「ハイ! 俺様はグレート! イエーイ」って言って帰るだけだから、楽なんですよ。


数千人を集めるラリーを専門にするトランプ

渡辺 直接触れないからウィルスも感染らない(苦笑)。ヒラリーがやっていることって、本当にタフですよ。あっち行ってこっち行って飛び回って、寝る暇はほとんどない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大統領選がわかる、楽しめる! この連載が書下ろしを加え、電子書籍になりました!

この連載について

初回を読む
アメリカ大統領選、やじうま観戦記!

渡辺由佳里

みなさん、2016年は4年に一度の祭典、オリンピック!ではなく、いいや「アメリカ合衆国大統領選挙」の年です。世界情勢にもつよい影響をおよぼす、オバマ大統領につづく大統領は誰なのか? アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、このビッグイベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shitian321136 さわりの重要な部分だけを、抜き出して記事にしたんだろうけど、直接聞きたかったなー。 約1年前 replyretweetfavorite

nydewebdesign 面白かったー!日本にいる時からもうちょっと政治も勉強すればよかったな。。もういい大人だし…笑 https://t.co/Sra38FduBP 約1年前 replyretweetfavorite

nicorista 面白かった。 一点。日本にも地上戦ありますよ。まずはソーカガッカイ。冠婚葬祭まで面倒見るし投票囲い込みは当然。あとは市町村選挙。電話はよく来るよ~。――大原ケイ×渡辺由佳里【後編】|渡辺由佳里 | 約1年前 replyretweetfavorite

sizukanarudon トランプ大統領はあり得るのか? 大原ケイ@Lingualina渡辺由佳里@YukariWatanabe【後編】 https://t.co/tEsu3jk5Xq ノリで大統領を選んじゃったよね。 ゴアみたいにできる人より、一緒にビー… https://t.co/BilQa0tvFF 約1年前 replyretweetfavorite