ねじれてしまったアメリカ二大政党—大原ケイ×渡辺由佳里【前編】

9月26日にディベートが行われ、ますます盛り上がりを見せているアメリカ大統領選挙。今回は番外編として、先日東京で行われた大統領選についてのトークイベントの内容をお届けします。政治家として何の経験もないトランプがここまで多くの支持を集めることができたのは一体なぜだったのでしょうか。その問題は、共和党にあると渡辺さんはいいますが……? 渡辺さんと大原さんのお二人が、大統領選の様子をわかりやすくお伝えします。

先日、日本に帰国中、ニューヨークを活動基盤にする文芸エージェントの大原ケイさんから「ねえ、大統領選についておしゃべりイベントしない?」というお誘いがあり、今年の大統領選挙について東京でトークイベントを行いました。そのハイライトをお届けします。

どちらが本選を勝つのか

大原ケイ(以下、大原) 私と由佳里さんは、ふだんは洋書のおしゃべりをしているんですが、今回は、8週後に控えた11月8日の大統領選についてお話します。

渡辺由佳里(以下、渡辺) もう8週後ですか? 今日何日か覚えてないんですけど(笑)。

会場 9月13日です。

渡辺 ありがとうございます。日本に来ると忙しくて日付がわからなくなる(笑)。

大原 おしゃべりの前にちょっとおさらいしますね。アメリカの大統領選は国民一人ひとりの投票が直接反映する「直接選挙」と思われてますが、そうじゃなくて、「選挙人」っていう役割の人が各州にいてその人が代表して投票します。選挙人の数は全部で538人なので、270取ったほうが勝ちです。
「選挙人」の数はその州の人口から割り出した下院議員の数と上院議員(各州2人)を合わせた数で決まっています。一番少ないのがハワイやアラスカなど人口が少ない州の3人で、一番多いのがカリフォルニアの55人。
 そして、どんなに僅差であっても、州で一番票の多かった人が「選挙人」総取りです。(メインととネブラスカは例外)この選挙人を駒のように取っていくのが大統領選挙なんですが、私が住んでいるニューヨークは青い州なので、誰も選挙運動には来ないし、テレビコマーシャルも流れない。民主党の候補が勝つと決まっているからです。

渡辺 いま、「青い州」という表現が出ましたが、民主党は青、共和党は赤という色分けになっているんです。「青い州」は民主党よりの州で、「赤い州」は共和党よりの州です。
 そこで、大統領選挙で注目されるのが、青でも赤でもない、その中間の「紫の州」ということになります。

大原 これまで、共和党候補も民主党候補も選んできた「スイング・ステート」と呼ばれる州です。

渡辺 たとえば、オハイオ、フロリダ、コロラド、ペンシルバニア、ノースキャロライナ、ニューハンプシャー、アイオワなどですね。

大原 それらの州は両候補にとって戦場なので、CMもガンガン流れるし、家にいるとドアをノックして、「もう選挙登録しましたか?」ってやってくる。

大原 今の情勢ではヒラリーはすでに222票確保していて、フロリダ取ってペンシルバニア取っちゃえば、もう過半数(270)いく計算です。

会場 今回は落とさないと思うんだけどね~。

渡辺 いや、フロリダはけっこう微妙なんですよ。

大いなるねじれを利用する形で現れたトランプ

渡辺 フロリダ以外の州では、ヒラリーはヒスパニック系の支持が強いのですが、フロリダのヒスパニック系はキューバからの移民が多く、彼らは歴史的に保守で共和党なんです。理由はJFKの時代にさかのぼるのですが。実際に、現在はトランプがリードしている状態です。
 そのうえ、今回の選挙は、すべてがこれまでとまったく違う感じです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大統領選がわかる、楽しめる! この連載が書下ろしを加え、電子書籍になりました!

この連載について

初回を読む
アメリカ大統領選、やじうま観戦記!

渡辺由佳里

みなさん、2016年は4年に一度の祭典、オリンピック!ではなく、いいや「アメリカ合衆国大統領選挙」の年です。世界情勢にもつよい影響をおよぼす、オバマ大統領につづく大統領は誰なのか? アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、このビッグイベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

consaba 大原ケイ+渡辺由佳里「バーニー・ブロズ(サンダースの熱狂的支持者の若い男性)と呼ばれる人たちは、ヒラリー嫌いがすごい」「下手するとトランプに投票しちゃうかもしれない怖さがある。」前編  #ss954 9ヶ月前 replyretweetfavorite

moke_fictionary #nowreading 米大統領選と英EU離脱。共通点は既存の政治家への不信。 大原ケイ×渡辺由佳里→ ブレイディみかこ→地べたから見た英EU離脱 https://t.co/2pTYImOcf8 10ヶ月前 replyretweetfavorite

jsin5 おおよそ渡辺さんの連載の焼き直…ry 今までの振り返りに良いよ♪ 11ヶ月前 replyretweetfavorite

dankogai 現場にいました。男女比率が女性に偏りすぎてたのもまた、政治状況を反映してた感 < 11ヶ月前 replyretweetfavorite