最終回】大方潤一郎(東京大学高齢社会総合研究機構機構長・教授)インタビュー

高齢化社会はそんなに暗くない 老後は自分で“デザイン”できる

 日本はすでに「人口の4人に1人が65歳以上の高齢者」という超高齢社会に入っている。世界最先端の領域で学際的な研究を進める東京大学高齢社会総合研究機構のキーマンに話を聞いた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
老後リスクの現実(リアル)

週刊ダイヤモンド

「金」「健康」「孤立」が老後の三大リスクといわれる。現役世代からしておくべき準備とは何か。平均値や他人の価値観に惑わされたり、「下流老人」や「老後破産」などの極端なケースにばかりおびえるのではなく、他の誰のものでもない自分自身の、等身...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません