第20回】[近未来予測] AIやロボットと共存できるか 高齢者就労に立ちはだかる課題

今日では、高齢者の働く場といえば清掃や警備などの軽作業に限られている。しかし、若年労働者自体が減り、高齢者の比率が高まる10年後、20年後も同じ状況とは限らない。

 今日では、高齢者の働く場といえば清掃や警備などの軽作業に限られている。しかし、若年労働者自体が減り、高齢者の比率が高まる10年後、20年後も同じ状況とは限らない。現役世代が高齢者となるころには、もっと多様な仕事が用意され、活躍の場が広がっているだろう。その意味で、超高齢社会の未来は、確かに現在と“地続き”ではあるが、現在がそのままスライドするものではない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
老後リスクの現実(リアル)

週刊ダイヤモンド

「金」「健康」「孤立」が老後の三大リスクといわれる。現役世代からしておくべき準備とは何か。平均値や他人の価値観に惑わされたり、「下流老人」や「老後破産」などの極端なケースにばかりおびえるのではなく、他の誰のものでもない自分自身の、等身...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません