第19回】地域全体で育児サポート 期待高まる高齢者の役割

仕事以外にも、定年退職した65歳以上の高齢者が社会との接点を持ち続ける方法がある。例えば、孫の世代のための育児サポートだ。

 仕事以外にも、定年退職した65歳以上の高齢者が社会との接点を持ち続ける方法がある。例えば、孫の世代のための育児サポートだ。

 なぜ今、孫育てなのか。この問題の喚起に取り組むNPO法人「孫育て・ニッポン」のぼうだあきこ理事長は、こう解説する。「団塊ジュニア世代(1971~74年生まれ)の多くは子供が1人かなしです。出産年齢の高齢化もありますが、親族におじさんやおばさんがいないのです」。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
老後リスクの現実(リアル)

週刊ダイヤモンド

「金」「健康」「孤立」が老後の三大リスクといわれる。現役世代からしておくべき準備とは何か。平均値や他人の価値観に惑わされたり、「下流老人」や「老後破産」などの極端なケースにばかりおびえるのではなく、他の誰のものでもない自分自身の、等身...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

U99sxk また理想論かよ。子供の面倒見るのってすごく大変なのに無償でやれっていうのか。そんなに甘くないだろ。  4年弱前 replyretweetfavorite