第7回 拡張する最先端アニメイベント! VRと現実空間から

2014年、「ランドスケープと夏の定理」で第五回創元SF短編賞を受賞してデビューした作家の高島雄哉氏。その新鋭が、来る10月に上映されるサンライズのSFアニメ『ゼーガペインADP』のSF考証をすることに! 今回のテーマはイベント! 写真資料多めでレポートします。VR空間における新しいアンケート方法とは? 作品の舞台である舞浜で行われたイベントもレポートします!

■VRイベントの「歴史」の始まり

ゼーガVRイベントが初めて行われたのは2016年7月1日。VRやアニメの歴史にとって記憶される日になると思います。この日と翌週7日は『ADP』の特報の動画を流して、ぼくとハタイケさんがトークを。音声も画像もクリアで、集まったファンもスタッフもVRの可能性を大いに感じたのでした。下の画像はクラスターVR空間の入り口、カッコいいです。


©クラスター

テストのため告知期間も短かったのですが、さすがゼーガファン、百人を超える参加者が集まって、みんなでゼーガの盛り上がりを感じ合うことができました。アバターで互いにハイタッチできるので、共感はますます高まります。

そして7月15日、世界初のアニメVRイベントの本番を迎えました。(詳細は連載第2回をご覧ください。)

このときの参加者は三百人超。VRイベント会場には『ADP』のデザインを担当されている内古閑智之さんも。いち早くVRを作品内に取り入れていたゼーガ。ついに、VR空間で世界中のファンが一同に集まって祝うことが現実になったのでした。

■舞浜アンフィシアター

翌16日にはゼーガの舞台である舞浜のアンフィシアターで、ゼーガ10周年記念イベントが開催されました。

舞浜アンフィシアター(写真:著者撮影)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
世界を設定する SFアニメ現場レポート

高島雄哉

SF作家による、サンライズのSFロボットアニメ『ゼーガペインADP』の製作現場レポート!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

7ri_t @7ri_t ちゃんとしたレポートは、こちら(無料の冒頭部分だけでも雰囲気伝わるかと) #ゼーガペインはいいぞ → 2年以上前 replyretweetfavorite

ora109pon 拡張する最先端アニメイベント! VRと現実空間から | 約3年前 replyretweetfavorite

Singulith 全ての人が平等な世界は、クラスターですでに実現しているのだ。 自称反差別主義者は、当然、次は脳の中を同じにしろ、とか言い出すだろね。  >https://t.co/FDSQF0o2vl 約3年前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo VRはイベントの概念を覆すのかもしれません―― 約3年前 replyretweetfavorite