姉ちゃんのビッチ!」カミングアウトした時の悲喜こもごも

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。ポリアモリーであることを公言しているきのコさんですが、家族や友人、職場の人たちはどう思っているのでしょうか? 今回は、きのコさんが周囲に「カミングアウト」したときのお話です。

こんにちは、きのコです。

今でこそポリアモリーであることをかなりオープンにしていて、こういうかたちでポリアモリーについて文章を書いたりもしている私ですが、ここまでたどりつくには、一筋縄ではいかない長い道のりがありました。

今回は、ポリアモリーであることをカミングアウトしたときの周りの人たちの反応について、お話していきたいと思います。

会社の先輩に打ち明けたら…

オープンにしている、といいながらいきなりですが、勤め先ではポリアモリーであることはほとんどカミングアウトしていません。

昔、入社当時の私の教育係として仕事を教えてくれて、大変お世話になっていた先輩との飲みの席で、ポリアモリーについて打ち明けたことがありました。

そのときの先輩の「結婚しろ!子供をつくれ!そうすればお前は変われる。そんな生活してると、最期には誰も周りにいなくなって独りぼっちになるぞ」という言葉は、今も私の心に棘のように突き刺さっています。それ以来、会社の人にポリアモリーをカミングアウトすることについては、かなり慎重になりました。

とはいえ、今後も長く勤めたいと思っている会社ではあるので、ずっとクローゼット(自身の性的指向や性自認を公表していない状態)で働きつづけたいとは思っていません。今のところ、ポリアモリーについては、私自身が直接伝えるより、メディアでの発言などを通じて「外から」伝わっていく方がよいのでは、と思っています。

ポリアモリーであることに限らず、自分自身の大切なアイデンティティについていちばんカミングアウトしたい、けれどいちばんカミングアウトしづらい相手が家族—特に「親」だという話はよく耳にするし、私自身もまさにそうでした。

「姉ちゃんのビッチ!」

実家暮らしだった学生時代から、恋人以外にも複数の人とデートを重ねていることはあまり隠してはいなかったけれど、そのことと、ポリアモリーであることをカミングアウトすることとは全く別。当時、家族からは「きのコは遊び癖がひどくてふらふらしてるけど、まぁ、そうはいっても年頃になれば落ち着くだろう」と思われていた(らしい)です。

当時の私はとても「関係者全員の合意のもとに複数の人とお付き合いしている」状態ではなく、まさにふらふらしていたとしかいえないのですが…。モノガミーでロマンチックラブイデオロギーの強い妹からは「姉ちゃんのビッチ!」と非難されることもしばしばでした。

そんな私が、ようやく家族に「ポリアモリー」という言葉をつかって自分のことをカミングアウトできたのは、30歳を過ぎてから。OUT IN JAPANというカミングアウトプロジェクトに参加したことがきっかけでした。
※「日本のLGBTをはじめとするセクシュアル・マイノリティにスポットライトを当て、市井の人々を含む多彩なポートレートを様々なフォトグラファーが撮影し、5年間で10,000人のギャラリーを目指すプロジェクト」(公式サイトより抜粋)

母親は、私の話を落ち着いて聴いてくれましたが、最後に「ひとりで生きていくならポリアモリーもいいけど、子供はつくらない方がいい」と言われたときは、なんともやるせない気持ちになったことを覚えています。

けれどある日、実家に帰省した私に母親が2冊の本を差し出してきました。深海菊絵『ポリアモリー 複数の愛を生きる』と坂爪真吾『はじめての不倫学 「社会問題」として考える』。どちらの本にもポリアモリーが取り上げられていて、母親は新聞の書評欄で「ポリアモリー」の言葉を見つけ、これらの本を読んだといいます。このようなかたちで、ポリアモリーについて知ろうとしてくれているのは、私にとっては涙が出るほど嬉しいことでした。

友人に悪意がないことはわかっているけれど

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith ヒトという種の繁殖は乱交型で、オスもメスも、たくさんの異性と交わる。だからこそ近代社会では「結婚」という契約が必要で、そうしてもなお女も男も浮気をしまくる、ということらしい。 https://t.co/FAyrEaiD1G  >https://t.co/ZzjiXStZfG 3年以上前 replyretweetfavorite

milyutta 同時に複数の人と性愛関係を築くことをポリアモリーっていうのか! 創作なんかに使えそうですね。 きちんと調べないといけませんけどね。 3年以上前 replyretweetfavorite

Castella_34 先日読んだ『殺人出産』の「トリプル」を思い出す。シスヘテロモノガミーが‟正しい愛の在り方”だと思っている人は多いよね 3年以上前 replyretweetfavorite

Castella_34 先日読んだ『殺人出産』の「トリプル」を思い出す。シスヘテロモノガミーが正しい‟愛の在り方”だと思っている人は多いよね 3年以上前 replyretweetfavorite