天才のつくり方

第18回】イノベーションの鍵は、「みんなの幸せ」にある。

日本では、人類の話をする人が減っている? こんなテーマから始まった今回の対談。それは、各国のスピーカーが普遍的なアイデアをプレゼンする「TED」が、日本ではあまり盛り上がらないことにもつながっているのかもしれません。しかし、国内の問題を人類の問題にまで押し広げて考えてみると、日本が進むべき新しい道が見えてきそうです。

日本のテレビ番組には、人類普遍の話題が出てこない

茂木 日本人っておもしろいことに、ドメスティックな話題ほど燃えるんだよ。村の選挙みたいなもので。逆に、普遍的な話題になればなるほど、興味がなくなる。

北川 身近な話題が好きなんですね(笑)。

茂木 人類共通の話題を議論する習慣がないんですよ。学術界だと、あの大学の先生はどうだとか、政治でも誰が小沢と組むかとか、ドメスティックな文脈設定しかしない。なんで日本では、人類一般に敷衍できるような話題を、誰も議論しなくなっちゃったんだろう。

北川 人類の話をする日本人が減ってるというのは、めちゃくちゃおもしろいポイントですね!

茂木 もともと少なかったのに、近年ではほぼ絶滅してると思う。メディアがほとんど取り上げないからかな。

北川 確かに日本のテレビ番組で、人類について考察する番組は見ませんね。

茂木 論壇誌もそうだよ。このあいだ、とある出版社で対談した時に、掲載される雑誌の過去半年分くらいの見出しを見てたら、腹立ってきてさ。もう、アジェンダ設定からして、内向きすぎて話にならない。「こんなくだらない見出しばっかりつけてどうすんの!」って、編集者に言っちゃった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
天才のつくり方

茂木健一郎 /北川拓也

日本経済が停滞して久しい。一方で、アメリカではIT産業の新しい成功モデルがどんどん生まれている。この違いはどこにあるのか。 ここで登場するのが2人の天才。高校卒業後、8年間ハーバード大学で活動している理論物理学者・北川拓也。一方、1...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yaiask 13:25まで無料。茂木さん @kenichiromogi北川さん @takuyakitagawaの対談は、人類について考えること。TEDもそうですよね。→ 5年弱前 replyretweetfavorite

GMODIJ この二人の対談はいつも面白い。もっと広まれば良いのに。 5年弱前 replyretweetfavorite

hirarisa_LV0 今回も「嵐」が登場w  5年弱前 replyretweetfavorite

hirarisa_LV0 tedって言われると、たぶんみんなテディベアを思い浮かべる……。  5年弱前 replyretweetfavorite