一故人

加藤紘一—総理になり損ねた男と、彼を追い落とした男たちの真情

波乱の人生を歩んだ政治家・加藤紘一が亡くなりました。自民党内きってのリベラル派として鳴らし、経世会に対して小泉純一郎、山崎拓と組んだ「YKK」で立ち向かったことでも知られます。また、「加藤の乱」や秘書のスキャンダル事件などを記憶している人も多いでしょう。「一故人」では、彼の歩みをたどり、その実像を探ります。

自民党のその後を決定づけた「一瞬」

《一瞬に意味がある時もあるし、十年、二十年に実のない時間もある。歴史というのは奇妙なものだ》とは、1978年の自民党総裁選で勝利し、首相の座を射止めた大平正芳の会見時の言葉である(『大平正芳—人と思想』)。大平はこのとき、現職首相だった福田赳夫と争い、大方の予想を覆して予備選で大差をつけて勝利し、福田に本選への出馬を断念させた。

当時の自民党は派閥抗争に明け暮れ、1972年以来、田中角栄、三木武夫、そして福田と続いた各政権はいずれも志半ばで退陣を余儀なくされた。大平としてみれば、そんな「実のない時間」に自らの代でピリオドを打ち、政策の実現に専念しようとの思いがあったはずだ。だが、大平の政権下、派閥抗争はいっそう熾烈さを増す。1980年5月には、野党の提出した内閣不信任案が、衆院本会議への自民党内の反主流派の欠席により思いがけず可決されてしまう。これを受けて大平は衆院を解散し、戦後初の衆参同日選挙に打って出たが、選挙期間中に病に倒れ、そのまま帰らぬ人となった。皮肉にもこれを機に自民党はひとつにまとまり、選挙では予想外の大勝がもたらされる。まさに大平の死という「一瞬」が大きな意味を持ったのだ。

さて、それから20年後、またしても一瞬にして自民党、ひいては日本政治のその後のゆくえを決したともいうべき事態が生じる。その主役となったのは、大平と師弟関係にあった加藤紘一(2016年9月9日没、77歳)だった。

2000年4月、時の首相・小渕恵三は急病に倒れ、辞任する。その後継となった森喜朗は、自身を含むわずか5人の自民党幹部によって密室で選ばれた。だが、森に対する国民の支持率は首相就任後の失言などもあいまって低下の一途をたどる。これに反旗を翻したのが、加藤と盟友の山崎拓だった。同年11月、加藤は森内閣を倒すため、野党が提出を検討していた内閣不信任案に同調することを示唆、国民の期待はいやが上でも高まる。

これに対し、森政権下で自民党幹事長となった野中広務は、水面下で加藤派・山崎派の切り崩し工作を進める。それでも加藤は、自分のもとに「自民党を変えてほしい」というメールが殺到し、インターネット上のホームページにも支持の書き込みがあいついでいたこともあり、国民の支持は強いものと信じて疑わなかった。11月17日の金曜日、加藤が不信任案賛成を明言する。このとき、加藤と連携した自由党の小沢一郎は、土日を挟むと加藤派を切り崩される可能性が高いと、金曜中に不信任案を提出すべきだと民主党代表の鳩山由紀夫に伝えた。だが、これを聞いた加藤は「逆に土日で派閥の議員を説得する。大丈夫だ」と、強気の姿勢を崩さなかったという(山崎拓『YKK秘録』)。

だが、加藤の見通しは甘かった。野中は、国対委員長で加藤派幹部だった古賀誠の同調を得て、同派の切り崩しに成功。週明けの20日、野党の不信任案提出案の採決を前に、加藤のもとからは24人が離脱し、残った21人では、山崎派と合わせても不信任案可決にはあきらかに数が足りなかった。加藤は都内のホテルに集まった同志の議員たちに採決を欠席するよう伝え、これから自分と山崎の二人だけで本会議場に行き不信任案に賛成票を投じると告げた。これには、加藤派の谷垣禎一が「あなたは大将なんだから、一人で突撃なんてだめですよ」と駆け寄るなど、思いとどまるべきだとの声があいつぐ。加藤のなかでも逡巡があり、いったんは同志たちの制止を振り切り、山崎とホテルからハイヤーで国会議事堂前まで赴くも、「やっぱり戻ろう……」と言って引き返した。結局、加藤はその後2度ホテルと国会のあいだを往復したあげく、本会議場にはたどり着かないまま、不信任案は否決される(山崎、前掲書)。

じつは加藤としてみれば、森内閣を倒しても自分が何がなんでも首相になろうとは思っていなかったという。仮に首相になってもせいぜい6ヵ月で終わり、けっきょく何もできないと予想されたからだ。だが、加藤への国民の期待は、彼が思う以上に大きかった。その状況判断の間違いに彼は、国会前よりホテルの玄関口に引き返してきたとき、若い女性記者から「国民の期待はどうするんですか!」と叫び声に近い質問を受けて、初めて気づいたという(加藤紘一『新しき日本のかたち』)。

「加藤の乱」とも呼ばれるこの自民党内のクーデターの失敗で、多くの国民は加藤に失望した。しかし、かろうじて延命した森内閣はその後も支持率の低下が止まらず、翌01年4月についに退陣する。このあと、圧倒的な国民の支持を背景に首相となったのは、加藤・山崎とかつてYKKとして手を組んだ小泉純一郎であった。「自民党をぶっ壊す」と宣言した小泉は、派閥や族議員などそれまで自民党を支配してきたものをことごとく解体し、自民党をつくり変え、5年にわたる長期政権を維持することになる。

60年安保で国会内外の落差に衝撃

加藤紘一は1939年6月、内務省の官僚だった父・精三の赴任先の名古屋で生まれた。以後、精三の転勤にともない各地を転々とする。やがて精三が内務省の外郭団体の国民徴用援護会に移ると、幼い紘一は両親と東京に転居した。太平洋戦争中の1944年、父親が出征してからは、母の実家のある山形県大山町(現・鶴岡市)に疎開し、終戦の翌年の1946年には鶴岡市立第二小学校に入学している。

精三は紘一が小学校に入った年に復員し、翌47年に官選の鶴岡市長となった。このあと2期、公選市長を務め、1952年には総選挙で初当選し、国政に進出する。精三はやや奇行癖のある人だったようだ。市長時代には、酔っぱらって木に登ったり、新潟県の港の起工式でモーニング姿のまま海に飛び込んだりしたこともあったという。よくいえばおおらか、悪くいえばずぼらで身なりに気を遣うこともなかった。そんな父親に紘一はあまり似ず、少年時代から聡明でクールな性格だったらしい。後年、紘一の選挙応援のため鶴岡を訪れた自民党のある先輩政治家は、何事にもきちんとしている彼が精三の息子と知って、本当かねと驚いたという話も伝えられる。

紘一は五男だったが、精三は頭脳明晰で沈着冷静な彼を東大に行かせ、ゆくゆくは自分の後継者にしようと早くから考えていたようだ。1954年には山形から上京して千代田区立麹町中学校に転入、さらに翌年、名門・都立日比谷高校へ進む。しかし、紘一には父親の敷いたレールの上を進むことに抵抗があったらしい。東大文系にストレートに入れる成績だったにもかかわらず、現役時には理科一類を受験して不合格となっている。

一浪して東大文科一類に入学したのは1959年。翌60年には、日米安保条約改定をめぐり、国会周辺では連日盛んに反対デモが行なわれた。いわゆる60年安保闘争だ。東大は当時の学生運動を主導した全学連(全日本学生自治会総連合)の中核を担い、安保闘争でも拠点のひとつとなる。加藤の通う駒場キャンパスにも立て看板が乱立し、革命前夜の様相を呈した。加藤自身は、精三から「デモに行くな」と釘を刺されていた。精三はこのとき、日米交渉の当事者である外相・藤山愛一郎の派閥に属していたのだから、当然だろう。

だが、加藤は父の言いつけを破って、何度か安保反対のデモに参加している。1960年6月15日、全学連主流派が国会構内に突入し、警官隊と衝突するなかで東大の女子学生が圧死したときにも、彼は国会の近辺にいたという。ただし、過激な行動には加わらず、座り込みをしながら仲間と時間をすごした。このときの加藤はじっと黙ったまま考え込んでいる様子だったという(『新潮45』1999年10月号)。

じつは60年安保のさなか、加藤は父のいる議員会館を訪ね、衆議院内にも入っている。このとき、野党議員たちが条約の強行採決を阻止するべく、議長を本会議場に入れまいと、議長室と本会議場のあいだの廊下に人の壁をつくっていた。その壁を崩そうとする自民党の議員や秘書らとのあいだで揉み合いが続くなか、ときには与野党が談笑する様子が見られたという。国会議事堂の外の緊迫した雰囲気とのあまりの落差に、加藤は強い衝撃を受ける。

後年、彼は学生時代を振り返り、「自分を苦しめた安保とイデオロギー」という言い方で、次のように自己分析している。

《家には自民党の代議士がいて、大学に行くと、マルクス・レーニンでないと人でないという空気の中で、どっちが正しいんだと考えたんですが、二十歳の青年に一年や二年で結論が出るはずがない。自分が正しいかクラス討論が正しいか決断がつかずに迷っていたというのがほんとうです》(『文藝春秋』1997年2月号)

日米安保の改定が成立したのち、一種の虚脱状態となった加藤は、大学のことも父のことも忘れて、裸の自分を試そうと和歌山のみかん農家で働いたり、水泳部に入って練習に没頭したりして、どうにか切り抜けた。この間、文科一類から法学部に進み、卒業後の進路も考え始める。高校時代からの親友で、ひと足先に外交官試験に合格していた法眼俊作(外交官・法眼晋作の長男)からは「一緒に日本の外交を牛耳ろう」と声をかけられていたが、加藤には新聞社の外報部記者になりたいとの思いもあった。考えた末、在学中に外交官試験を受けるも二次で落ち、一方で朝日新聞社の入社試験には受かった。だが、記者になっていた大学の先輩に相談したところ、必ずしも自分の希望する部署に行けるわけではないと言われたこともあり、卒業後にふたたび外交官試験に挑戦、今度こそ合格する。こうして1964年春、外務省に入省した。

外交官から政界へエリートコースを歩む

外務省に入って加藤は中国語を選択、日中関係をライフワークにしようと決意する。中国を選んだのは、イデオロギー問題から大学と親との板挟みになっていたこと、また法眼俊作に「日本の外交で一番重要なのは中国とソ連になる。自分はソ連をやるつもりだから、おまえは中国をやらんか」と言われたのもきっかけだという(当の法眼は加藤が入省してまもなく自ら命を絶った)。

加藤はまず当時日本と国交のあった中華民国(台湾)へ、台湾大学に留学という形で派遣されたのを手始めに、米ハーバード大学への1年間の留学を挟んで、1967年には英領だった香港領事館に副領事として赴任する。おりしも中華人民共和国では文化大革命が勃興しており、情報分析にあたった。あるとき中国南部で大洪水が起き、中国側から文化大革命の乱闘で犠牲になった死体が珠江を下って流れてきたこともあった。このとき加藤は「社会主義とはこういうこともあるのか」と悟ると、学生時代より抱いていた中国やソ連に対する幻想も消えたという。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
一故人

近藤正高

ライターの近藤正高さんが、鬼籍に入られた方を取り上げ、その業績、人柄、そして知られざるエピソードなどを綴る連載です。故人の足跡を知る一助として、じっくりお読みいただければ幸いです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

newnippon2018 @ametuchi1 こちらですー^^ https://t.co/dQrU4FIObe 5ヶ月前 replyretweetfavorite

Travel_Pisce この中にある自ら命を絶った「法眼俊作」と実際にご存命の「法眼健作」は同一人物?? 9ヶ月前 replyretweetfavorite

nony https://t.co/DAWPNAw8nm 約1年前 replyretweetfavorite

frog_pon 深いね.... 約2年前 replyretweetfavorite