三菱最強伝説

第5回】三菱グループの最高決定機関 金曜会の知られざる権力構造(前編)

日本最大にして最強の三菱グループの中枢機関といえる存在が、金曜会だ。グループ29社の首脳が集うこの会は一体何のために存在するのか。その知られざる権力構造に迫った。

 2016年1月8日、東京・丸の内。雲一つない冬晴れの空が広がり、オフィス街は春を感じさせる陽気に包まれていた。

 午前11時45分、皇居前に立つ三菱商事本社ビル。黒塗りの車が続々と到着し、地下の専用駐車場へ滑り込んでいった。その数、約20台。車を誘導する警備員の緊張が伝わってくる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
三菱最強伝説

週刊ダイヤモンド

売上高の合計が優に50兆円を超える日本最大のコングロマリット、三菱グループ。凋落説もささやかれるが、それを物ともしない巨大な「三菱経済圏」を築いている。なぜトップに君臨できるのか。その秘密に迫るため丸の内の“奥の院”を徹底取材した。知...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

s_1wk 昼食約15分って短くね?> 約3年前 replyretweetfavorite