宇多田ヒカルは誤植が好き

今回取り上げるのは、6年ぶりに活動を再開した宇多田ヒカルです。デビュー当時より作詞を高く評価されてきた宇多田ヒカル。NHK『SONGS』を見ていた武田砂鉄さんは、ある衝撃的なシーンを目撃したそう。どれほどの視聴者が気がついたかわかりませんが、そこになにかあるんじゃないかと考えている武田さん。実際のところはわかりませんが、みなさんはどう思われるでしょう?

「タバコのflavor」と「寝耳にウォーター」

『シン・ゴジラ』で石原さとみ演じる米国大統領特使のカヨコ・アン・パタースンが、頻繁に日本語に英語を混ぜ込んでくるのだが、その英語に対する揶揄をあちこちで見かけた。宇多田ヒカルの「タバコのflavorがした」(「First Love」)という英語の混入に違和感を覚えた人はいなかったわけだから、石原さとみの英語は「タバコのflavor」よりもルー大柴の名作「寝耳にウォーター」寄りだったということなのだろう。そもそも宇多田は、本場仕込みのイングリッシュを披露するために「タバコのflavorがした」と歌ったわけではない。それは直後に「ニガくて切ない香り」と続けたことからも分かる。「flavor」と「香り」を適材適所で使い分けていただけだ。

かつてどこかで読んだ論考がそのまま自説として埋め込まれている可能性が捨てきれないので、あらかじめ誰かに向かって陳謝しておくが、宇多田ヒカルは不自然な場所で日本語を切って歌う。「最後の、キスは、タバコの、flavorが、した」と切るのが自然なのに、「さ、いごの、キスはタバ、コの、flavorがした」とメロディラインを際立たせる(あるいは準じる)歌い方をする。「さ、いごの」や「キスはタバ、コ」とイレギュラーな切り方をした直後にふさわしいのは「flavor」と「香り」のどちらかとなれば、下唇を噛む「ヴ」が含まれるflavorのほうが引き締まるはず。続く「ニガくて切ない香り」は歌い方に合わせて「flavor」ではなく「香り」としたのだろう。「寝耳にウォーター」のように、イングリッシュであることをマストにしているわけではないのである。

詩的な日本語を崩す

8年ぶりに出た『ミュージックステーション』で、タモリに対して、とにかく作詞がしんどい旨を述べていたが、作曲後に詞を乗せていく作業のなかで、宇多田は「日本語って実はリズムに乗りやすいし、センテンスを途中で切れる言葉」(『BOON』1999年11月)だと、英語よりもむしろ日本語の面白さを語ってきた。「Addicted To You」にある「電話代かさんで」という歌詞は、元々「電話代高くて」だったそうだが、「アメリカの歌だと、日常会話をそのまんま書いても気にならないんだけど、日本語ってずいぶん詩的にする傾向が強くて」(宇多田ヒカル編『点 —ten—』)と語るように、あえて日本語を崩してみたそうだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chie37564 「かつてどこかで読んだ論考がそのまま自説として埋め込まれている可能性が捨てきれないので、あらかじめ誰かに向かって陳謝しておく」っていう言い方いいな。(無料部分しか読んでないけど) 10ヶ月前 replyretweetfavorite

donkou ケイクスの記事https://t.co/EEQaIDky5D、指摘した箇所が修正されたようなので、先のツイートは削除します。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

51ky41 見直した。砂鉄解釈の大仕掛けを確認した! 10ヶ月前 replyretweetfavorite

Hazuki_Hikaru 私も誤字脱字見つけるの速いですよー(笑) 色んな人のブログとか読んでるとすぐ見つけてしまう。 10ヶ月前 replyretweetfavorite