20歳も上のおじさんと、おつき合いに四苦八苦

農園のメンバーと交流しなかったせいで、お得な牛ふんを買い損なった金田さん。貸し農園では友好的なおつき合いが大事だと思い知ります。ところが農園のメンバーは、年齢も上なら、野菜作りの腕もはるかに上。列強に囲まれた小国の運命やいかに……!?

初心者は、とにかく失敗したくないのだ

「畑の周囲を、ぐるりと塀で囲っちゃおうよ」

私は当初、そんなことばかり言っていた。

農園のメンバーは、おじさんとおじいさんばかり。ご夫婦もちらほらいるが、20歳も30歳も上のおじさんと、話が合うわけがない。

「閉鎖的なことを言ってちゃダメだよ。みなさんと仲良くしないと、お得な情報も流れてこないんだからね」と夫。

それは「牛ふん事件」で身にしみてるよ。よし、やろう。私はこの農園で、社交的な人間に生まれ変わるぞ。

週末、私は勇気を出して、農園のおじさんメンバーに声をかけてみた。

「はじめまして。よろしくお願いします」

「よろしく。野菜づくりは、もう長いの?」

「いえ、初めてです。え? もしかして、家庭菜園のご経験があるんですか?」

「うん。もう10年くらいかな。借りてた畑が手狭になったんで、ここに移ったんだ」

「えーっ!?」

農園のメンバーは、ほとんどが菜園経験者だったのだ。

なかでも、両隣の区画のN村さんとO野さんは超ベテラン。すでに定年をむかえ、今では畑が仕事場だ。

「ナスの苗作り、どうしてます?」

「ぼくは、昼は床暖房の上に置いて、夜はお風呂の湯ぶねにふたをして、その上で育ててるんですよ」

「なるほどね~」

ふたりのおじさんは、ナスをタネから育てているらしい。野菜作りのテキストには「トマトやナスの苗作りは難しいので、ホームセンターで買え」と書いてあるのに。

夫は、ふたりが帰ると、両者の畑をコソコソと偵察に出かけた。そして、

「N村さんの畑の土はふかふかだよ」

「O野さんの畑では、もう何かの芽が出てるよ」

と、いちいち報告してくる。

「あのさぁ。それって、『お隣の〇ちゃんは塾に通い始めたよ』とか、『向かいの△くんはお受験だって』とか、我が子とくらべてる親と同じだよね」

そう言うと、夫はムッとした。

「ぼくはただ、失敗したくないから参考にしているだけだよ」


夫が新車を買ったとき、農園のメンバーがまず見たのはトランクでした。「これなら堆肥がたくさん積めるね」

「そんなむごいこと、できないよ!」

もちろん、隣がベテランだと多少は心強い。まず私にできなかったのが“間引き”だった。

野菜の芽を、元気のよいものだけ残し、ほかを引き抜くのである。私の選択に、野菜の命がかかっているわけだ。

「希望に満ちて伸びようとしている子の未来を摘み取るなんて、そんなむごいこと、できないよ!」

ちなみに「間引き」を辞書で引くと、こんな意味もある。

「口べらしのために生まれたばかりの子を殺すこと(大辞林)」

うえ~ん。

「N村さん、ちょっと来てください!」

私はお隣を呼びつけた。目の前には、カブのかわいい芽が並んでいる。


畑にまいたタネは、こんなふうに発芽します。

「間引きって、どれを抜けばいいんですか?」

「どれでもいいんだよ。元気そうなのを残せば」

「ぜんぶ元気そうですよっ!」

そんなシロウトを彼がどう思っていたか後に聞いたら

「隣の夫婦、さっさと飽きてやめないかな。そしたらぼくの畑を広げられるのに  って思ってたんだよね。うそうそ、冗談だよ」と大笑い。

「ははは……」と顔では笑っていたが、私と夫は凍りついた。

「あれは、おそらく本心だぞ」と夫。

「どうするの? きっとみんながうちの畑を狙ってるんだよ」

「四面楚歌だ……」


間引きは2~3回わけて行い、元気なものを残します。これはダイコンの間引き菜。おいしく食べられます。

「ノー・サンキュー」とは言えなくて
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シロウト夫婦のズボラ菜園記

金田 妙

毎日、採れたての新鮮な野菜が食卓にのぼる。そんな生活に憧れる人は多いのではないでしょうか。自分で野菜を作れればよいけれど、畑はないし、仕事は忙しいし、週末は遊びたいし…。それでも、思いきって家庭菜園の世界に飛びこんでみたら、おもしろい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません