おしえて北斎!

いい絵」ってどんな絵なの?【白隠】

絵の道に反対するお母さんを説得するため、コンクールで入賞することを思い立ったてんこりん。さっそく「なんかいい」と思う絵を描きはじめるが、美術部一の実力派・狩野カノンに全否定されてしまう。帰って雷神に泣きつくと……、10月18日より開催の特別展「禅〜心をかたちに〜」でも作品が展示される絵師・白隠 慧鶴(はくいん えかく)が登場!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

笑って、泣けて、ほんのり日本美術も学べる、爆笑コミック!

この連載について

初回を読む
おしえて北斎!

いわきりなおと

この物語は、ある女子高生が歴史上の絵師たちと交流し、やがて自身も天下を取ろうとした成長の記録であるーー。岡倉てんこりんは、将来立派な絵師になるのが夢の高校1年生。しかし彼女はサボってばかりのクズだった。そんな彼女にある夜、不思議なこと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

M_Tokishiro 観察眼と小器用さで模写は子供でもハイレベル迄いけるし絵でしか覚えぬ感覚に価値が得られにくいのは受験を筆頭にデッサン力至上主義故か: 10ヶ月前 replyretweetfavorite

32650059 絵について、とてもとても考えさせられるマンガ…!(^_^;)>> 10ヶ月前 replyretweetfavorite

songadthewain なんかいいッ! 10ヶ月前 replyretweetfavorite

kawac なんか・・・イイ! (・∀・) - 10ヶ月前 replyretweetfavorite