あのこは貴族

みじめで哀れで滑稽なふられ話

【第3回】
2014年元旦。東京生まれ・東京育ちの華子は、家族とお正月の会食中。
20代後半の華子は、家族が集まるたびに結婚へのプレッシャーを受けていた。
そして憂鬱に拍車をかけるように、実は失恋の真っただ中にいて――。
気鋭の作家・山内マリコが、アラサー女子たちの葛藤と解放を描く、渾身の長編小説。

「あのさぁ、で、華子が紹介したい人って、どこ?」

 麻友子はまったく悪びれた素振りもなく、個室の中をきょろきょろ見回して言った。
 長テーブルのあちらとこちらに並んで座っている榛原家は一斉に、もっとも入り口に近い、空っぽのままの椅子に視線を投げた。

 華子はいつもにこにこと愛想よく行儀よくしているだけで、どうもはっきりものを言わないところがあるから、家族はみな彼女の心の内を、それとなく斟酌してやる癖のようなものがついていた。なかでも察しのいい母の京子は、華子が家族に相談もなしに会社を辞めてしまったのも、どうやらかねてからつき合っていた恋人にプロポーズされ、いよいよ結婚準備に入るつもりなのではないかと推し量っていたのだった。

 それで気をつかって京子の方から、
「もし家族に紹介したいボーイフレンドがいるなら、お正月にみんなでおばあちゃまとお食事するときに連れていらっしゃいよ」
 カジュアルを装って誘い水を向けていたのである。

 これには華子もまんざらでもない様子で、
「それじゃあ席を一つ余分にお願いします」
 と頼んでいたのだが、いざ当日を迎えてみると、それらしい人は来ていない。来る気配もない。

 母の京子と、京子から情報が回っている香津子の二人は、華子の恋人の不在に肩透かしを食らいつつ、これはなにかあったのではと察知しておくびにも出さず振る舞っていたが、もう一人その情報をつかんでいた麻友子が、素晴らしい無神経ぶりで切り込んだという次第だった。

「え、もしかしてあたし、まずいこと言った?」

「あら、なぁに? なんの話?」

 事情を聞かされていない祖母はもとより、宗郎も、真も、首を傾げる。

 京子があくまでも軽い調子で、
「いえ、実はね、華子がおつき合いしている男性を、ここにお招きしたらいいんじゃないかしらと思って、お席だけ取ってみたんだけど、どうやらいらっしゃらないみたいで」

 とりなすように言った。

 これに対して祖母は、ピシャリとこう言い放った。

「席だけとってみたなんて、来るか来ないかはっきりしないような人、お店にだって迷惑じゃないの。華ちゃん、あんまり適当な人とおつき合いしちゃだめよ」

 説教口調で祖母に言われ、華子はこくんとうなずいてみせたが、その表情は暗い。

「顔色、悪いんじゃない?」

 母に心配され、華子は青息吐息で「大丈夫」を連呼するが、まったく大丈夫そうではなかった。実のところ今日この場に招こうとしていた恋人とは、ついさっき別れてきたところなのだった。一方的に、華子がフラれた形である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
あのこは貴族

山内マリコ

東京生まれの華子は、箱入り娘として何不自由なく育ったが、20代後半で彼氏に振られ、初めて人生の岐路に立たされた。焦ってお見合いを重ねた末に、イケメン弁護士「青木幸一郎」と出会う。 一方、東京で働く美紀は地方生まれ。大学時代に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

r_mikasayama またも読んでると「んぐぐぐ…」と声が漏れる…!ドンミスイット→ 3年以上前 replyretweetfavorite

t_kikunaga 最初から読みたいし続編も気になる文章 3年以上前 replyretweetfavorite

nanamericann @SuuminOFF @hamachiraaa https://t.co/UyzJuCFUVy 新作がネットで読めるから是非! 3年以上前 replyretweetfavorite

nerimarina 東京には、こういう子がいるんだろうな、、、 3年以上前 replyretweetfavorite