これがあのエダマメ!? はじめて知るエダマメの真実に仰天

家庭菜園をはじめた夫婦のドタバタな日々をユーモアたっぷりにお届けしていく本連載。牛ふん事件のショックで2日寝込んだ金田さんでしたが、3日目ついに起き上がり、育てる野菜のタネを買いに走ります。ホームセンターでタネ売場を見つけて一瞬興奮したものの、すぐに冷めてしまったそのワケとは……?

タネを伊勢丹で売らないわけがわかった

「えーと、タネ、タネ。野菜のタネはどこかな……」

きょうも私はホームセンターに来ている。

以前はほとんど来ることのなかった店だが、農園を借りてから、もう3度目だ。伊勢丹新宿店へ行くより頻度が高くなってきたぞ。

いっそ野菜のタネも、伊勢丹で売ってくれたらいいのに。2階で靴買って、5階あたりでタネ買って、地下に降りて仙太郎のぼた餅を買って帰るなんて、アーバンファーマーっぽくていいじゃない。

「おー、あったあった」

タネ売場を見つけて一瞬興奮したが、すぐに冷めて、「ふーん」と思った。

はっきり言おう。野菜のタネ袋のデザインは、ぜんぜんいけてないのだ。

しかも、どんな野菜もパッケージはそっくりで、ちっともかわいくない。これじゃあ伊勢丹で売るわけがない。


大人の事情で日本のものは紹介できませんが、ソウルで見かけた野菜のタネです。日本のタネ袋もこんな感じ。

気を取り直し、「えーっと、何をつくろうかな。おっ、エダマメだ」と腕をのばしたが、「ん?」とその手がとまる。

となりも、そのまたとなりも、ずっとエダマメのタネがならんでいる。スーパーで「エダマメ」として売られている野菜に、いくつも種類があるではないか。

「そっか。これが“品種”ってことか」

何がちがうのかとタネ袋を見比べると、豆が緑色とか茶色とか、収穫まで早いとかじっくり育つとか、さやに生えている毛が黒いとか白いとか書いてある。

「犬にもプードルやチワワがいるのと、同じだな」

と納得はした。しかし、犬ならともかく、エダマメの毛の色なんて、何が重要なんだろう。

「それにしても……」

私は、あることに気がついた。エダマメの品種名は、みょうに艶っぽいのである。

・湯上がり娘

・なつのまい

・おつな姫


おそらくこれは、男が考えた名前だな。

タネ業界のおじさんたちは、「オヤジの風呂上り」ではなく「お姉さんの湯上り」というイメージでエダマメを売りたいらしい。

「そんな思惑にはのせられないぞ」と、私が選んだエダマメは、「味源(あじげん)」という品種だった。理由は単純、

“3粒入りのサヤがたくさんできる”

とタネ袋に書かれていたからだ。毛の色より、収穫量でしょ。


江戸時代、枝つきのままゆでたので「エダマメ」の名がついたそうです。


エダマメに限らず、野菜の品種名にはおかしなものが多い。いま売られているものから、いくつか紹介しよう。

まずは菜っぱ類。まじめに考えているとは、とうてい思えない。

・たべたい菜

・よかった菜

・うまい菜


トウモロコシの品種は、とにかく輝いている。

・おひさまコーン

・キラキラコーン

・みわくのコーン


キュウリの品種名には、首をひねってしまう。

・なるなる

・ピノキオ

・イボ美人


「筋肉ゴーヤマン」はゴーヤーで、「なべちゃんネギ」はネギ。

「ハットリくん」は葉ダイコンで、「カメハメハ」はスイカだ。

売り場で見て思わずふいたのは、「こまつみどり」と、「さつきみどり」だった。

若い方はご存知ないだろうが、小松みどりと五月みどりは、どっちも歌手や女優をしている姉妹だ。

しかしタネの世界では、「こまつみどり」はコマツナで、「さつきみどり」はキュウリなのである。

なんと、「さつきみどり」には「さつきみどり2号」もいて、こっちはインゲンだ。

これはキュウリとインゲンがたまたま同姓同名だったと考えればいいのか? だいいち「二号」って、妾かよ?

笑いながら、こまつみどりをカゴに入れたが、「まてよ」と思い直した。

「家庭菜園なんて、どうせすぐにあきるんだから」と、夫にも友人にも言われつづけているのだ。こんなオモシロ戦略に踊らされているようじゃ、地に足のついた菜園家になれないぞ。

私はタネ袋の表示を熟読し、「育てやすさ」と「収量」を重視して、品種を厳選した。

エダマメのタネと芽に驚愕

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シロウト夫婦のズボラ菜園記

金田 妙

毎日、採れたての新鮮な野菜が食卓にのぼる。そんな生活に憧れる人は多いのではないでしょうか。自分で野菜を作れればよいけれど、畑はないし、仕事は忙しいし、週末は遊びたいし…。それでも、思いきって家庭菜園の世界に飛びこんでみたら、おもしろい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yutoma233 エダマメは鳥に食べられるからポットで育てる…!なるほど、道理で畑に鳥が群がってた訳だwそれでも生き延びたエダマメ、美味しかったですけどね。 3年以上前 replyretweetfavorite

granat_san 種見てるところが妙に楽しい。 3年以上前 replyretweetfavorite