鶴瓶のスケベ学

その男、凶暴につき

いつもニコニコしている鶴瓶さんが、実はケンカっぱやく、ケンカばかりの人生を歩んできたのをご存知でしょうか? 
芸歴40年を超える大御所芸人、笑福亭鶴瓶。還暦を過ぎた今も、若手にツッコまれ、イジられ、“笑われ”続けています。そんな鶴瓶さんの過剰なまでに「スケベ」な生き様へ迫る、てれびのスキマさんによる評伝コラムです。

笑福亭鶴瓶の人生を紐解くと、そこには常に「ケンカ」がある。

余興に呼ばれた営業先の社長とは大ゲンカ。音楽イベントの司会を務めれば、出演者のバンドマンの態度に怒り、殴りかかってしまう。スタッフと意見が合わず番組を降板したのも1度や2度ではない。
スケベで柔和そうな風貌とは裏腹に、ことの外ケンカっ早いのだ。

だがケンカによって、芸人人生を切り開いていったようにも見える。
「鶴瓶」という芸人を形作るために必要なもののひとつがケンカだったのだ。

それでは笑福亭鶴瓶は、何に「ケンカ」を売った挙句、いつも柔和に笑ってイジり倒される「鶴瓶」になったのだろうか。

一体、鶴瓶は何と戦っていったのだろうか。

名作ドラマ『赤めだか』の仕掛け人

二宮和也主演でドラマ化された立川談春の『赤めだか』。ビートたけしが立川談志を演じ、ギャラクシー賞も受賞した。

笑福亭鶴瓶はこのドラマに「ナビゲーター」として本編の前後に登場する。だが、鶴瓶がこの作品で果たした役割は実はそれだけではない。
鶴瓶は原作の『赤めだか』を読んでいたく感動し、「これは映画化すべき」と各所に働きかけた。

「談春は絶対にニノや!」
「ビートたけし兄さんが談志になったらええやろうな」

その際、具体的にキャスティング案まで熱弁していた。それがそのまま実現したのだ※1


ドラマの中で、リリー・フランキー演じる無礼な文芸評論家が二宮扮する談春を叱責し、逆にたけし演じる談志に激昂されるという印象的なシーンがある。

師弟の絆、師匠の愛情を感じさせる重要なシーンだ。
だが、このエピソードは原作の『赤めだか』にはない。これはおそらく、笑福亭鶴瓶の体験したエピソードが元になっている。

無礼なのはどちらか?

それは、1972年、鶴瓶が21歳の頃のことだ。
まだ落語界に入門して数日。師匠から「鶴瓶」と名付けられる前だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakes連載を全面修正・加筆した、スケベで奥深い人生哲学が一冊になりました。

笑福亭鶴瓶論 (新潮新書)

戸部田誠(てれびのスキマ)
新潮社
2017-08-10

この連載について

初回を読む
鶴瓶のスケベ学

てれびのスキマ(戸部田誠)

芸歴40年を超える大御所芸人、笑福亭鶴瓶。還暦を過ぎた今も、若手にツッコまれ、イジられ、“笑われ”続けています。しかし、落語家なのにアフロヘアでデビュー、吉本と松竹の共演NGを破った明石家さんまさんとの交流、抗議を込めて生放送で股間を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

butiumai ドラマを観てないけど、鶴瓶さんの有名な弟子っ子時代のエピソードが赤めだかに盛り込まれていたんですね(゚Д゚)ホォー 1年以上前 replyretweetfavorite

daimaru14 鶴瓶さんってなんか独特の迫力があるな。 1年以上前 replyretweetfavorite

jeyzoloft_fuji 入門直後のエピソードは有名。若かりし頃テレ東(だったけな?)を出禁になった「やらかし」もスタッフの理不尽さに憤慨してだったと思う。 1年以上前 replyretweetfavorite

zetial いやあ今回も面白い。鶴瓶師匠に喧嘩のイメージってあまりなかったんだけど、こんなにも武闘派な方だったんだなあ、特に若い頃は。 1年以上前 replyretweetfavorite