怒り』 かけがえのない何かを喪失した者の慟哭

渡辺謙を筆頭として人気俳優がずらりと揃い、早くも話題を呼んでいる映画『怒り』。複数の物語が織り成す本作の注目すべき点について、ブロガーの伊藤聡さんが論じます。

吉田修一の原作を李相日が監督し、高い評価を得た『悪人』(’10)から6年。ふたたび李の手がけた吉田作品の映像化が、今作『怒り』である。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡、広瀬すずといった人気俳優を揃え、シリアスな原作のニュアンスを力強く再現した意欲作だ。本年度、『シン・ゴジラ』『君の名は。』と質の高い作品をヒットさせて波に乗る東宝だが、同じ東宝作品である『怒り』の本格的な作風を見ると、下半期もその勢いは続きそうである

物語は、東京、千葉、沖縄にそれぞれ流れ着いた3人の男性を描く。彼ら3人は素性が知れず、いずれも東京都八王子市で起こった殺人事件の犯人に容貌が似ている。テレビの公開捜査番組をきっかけに、周囲は彼らを事件の犯人ではないかと疑い始めるが、確証は得られない。果たして事件の犯人は誰かという謎を軸としながら、作品は同時に豊かな人間ドラマを発生させる。膨らんだ疑惑は、3人の男性とその周囲にどのような結末をもたらすのか──。

『怒り』は、人びとが社会や他者をどのように見るのかを問う。果たして「ものごとを客観的に見る」などということが可能なのか。いったいどのような立場から、人は他者を認識しているのか。原作者の吉田によれば、殺人事件の報道を見た人びとから、かなりの目撃情報が寄せられたという事実に驚いたことが執筆のきっかけだという。事件とは無関係な者を犯人だと思い込む人びとが、これほどいるのかと感じたそうだ*1。劇中で、恋人の素性や本心がわからないと悩む登場人物の葛藤を原作はこう説明する。

「敢えて言えば、信じられるか、信じられないか。そういうとても主観的なものだ。であればその主観は何から生まれてくるのか。たぶんそれは自分に直人(筆者注:恋人の名前)を信じる自信があるかないか」*2

こうして述べられるように、人は世界をあくまで主観的に見ることしかできない。周囲を信頼できない人間から見た世界は、おのずと不安定な場所に映る。誰もが社会や他者を自分の見たい角度から見てしまうし、思い込みからくる狭い尺度で拙速に判断する。そこでは、各自のコンプレックスや不安、無意識に隠された本音といった「主観」があからさまに露呈されるほかない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を綴る「およそ120分の祝祭」。ポップコーンへ手をのばしながらスクリーンに目をこらす――そんな幸福な気分で味わってほしい、ブロガーの伊藤聡さんによる連...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

orpheonesque パブリックな性質を持つレビューにしては、見事なまでに沖縄編の存在が無視されているのは、なぜだろうかと興味深い。(ただただ純粋な好奇心)。> 3年以上前 replyretweetfavorite

campintheair cakesにて、私の 3年以上前 replyretweetfavorite

s1224syk この映画、気になってる 3年以上前 replyretweetfavorite