フィンランドで愛のムチ〈後編〉

フィンランドの地に降り立った詩人の文月悠光さんは、ともにイベントをまわったアーティストのチョーヒカルさんから愛あるツッコミを受けます。自身の「超受身」な姿勢に思い至り、頭を抱える文月さんは、異国の地で何を見出すのでしょうか。後編は、内省をしながらも、アンネ・フランクや与謝野晶子、樋口一葉の言葉に励まされてきた詩人としての原点に立ち返ります。

 6月、私はフィンランドの詩のイベントに出演するため、アーティストのチョーヒカルさんと、現地に2週間ほど滞在した。
 詩人として朗読のパフォーマンスを無事に終え、フィンランド語版の詩集の評判も上々だった。けれど、それと裏腹に「これでいいのだろうか?」と私の心は焦っていた。

 チョーさんは、現地の人と臆さずコミュニケーションを取り、仕事や出演費の交渉も欠かさない。彼女の様子を目の当たりにして、その積極的な振る舞いにすっかり圧倒されていた。
 彼女は異国のイレギュラーな環境であっても、良いパフォーマンスができるよう、常に自分で状況を判断していた。無理なことは「できません」と言い、「こういう形だったら可能です」と代替案を口にする。

 コミュニケーションを積極的にとる者は、自分の仕事、ないしは人生にも、真剣にコミットするのだろう。
 私ときたら、相手の要求をただ飲み込んで、やり過ごしてしまうのが常だった。自分の意見を主張するより、状況に流された方が楽に思えるからだ。それは人任せ・成り行き任せで生きてきた、私の人生そのものにも深く影響しているように思う。

 立ちくらみがした。目の前の他者と向き合い、口を開くこと。そんなささやかな勇気も持てないまま、大人になってしまったなんて—。くらくら。
 立ちすくんで仰いだフィンランドの空は、吸い込まれそうな青色だった。

受身による搾取

 不甲斐ない自分に焦りを抱えながらも、帰国前日、チョーさんと共にヘルシンキの市街を観光した。せっかくのフィンランド。残り少ない滞在時間を満喫しなければ。

 おしゃれな雑貨屋や洋服店、古書店を巡った後、「今日だけは贅沢しよう」と夕飯は、ガイドブックに載っていた老舗レストランへ入る。
 黒いスーツのドアマンに緊張しながら上着を預け、私たちはベルベット地のボックス席に落ち着いた。

 料理の待ち時間、私は自分の受身な性格を省みながら、「消極的な性格ゆえに、相手に利用された経験」についてチョーさんに話した。
 延々と仕事の愚痴話を聞かされたり、一方的な相談役にされてしまったり。私が相手を否定したり、嫌がったりできない、と見越した上で、身勝手な相手に「利用」されているように感じたこと—。

「なるほど。私は逆に、受身の人に『搾取』されているんじゃないか、と思うことがあるんです」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

文月悠光の初エッセイ集『洗礼ダイアリー』好評発売中!

洗礼ダイアリー

文月 悠光
ポプラ社
2016-09-06

この連載について

初回を読む
臆病な詩人、街へ出る。

文月悠光

〈16歳で現代詩手帖賞を受賞〉〈高校3年で中原中也賞最年少受賞〉〈丸山豊記念現代詩賞を最年少受賞〉。かつて早熟の天才と騒がれた詩人・文月悠光さん。あの華やかな栄冠の日々から、早8年の月日が過ぎました。東京の大学に進学したものの、就職活...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

km1121_k |文月悠光 @luna_yumi |臆病な詩人、街へ出る。 こんな友人はなかなか居ないよ。自分で自分にやるしかない。それですら人との関わりの中で覚えていくんだけれど。 https://t.co/9n6HuPXBIy 4ヶ月前 replyretweetfavorite

mplantyoko 来た! これ 5ヶ月前 replyretweetfavorite

crepusculum19 他人も自分も丁寧に観るのは難しい。 ー受け身による搾取ー ”私は自分の臆病な性格を「全肯定」することも、「全否定」することもしない。大雑把に切り捨てるのではなく、もっと丁寧に自分の欠点を見ていくべきだ。 ” 5ヶ月前 replyretweetfavorite

izumikuroi 分かる分かる!! って思いながら読んだ。あと、じぶんが友人には積極的に対応できても目上の人には受動的になってしまう理由も考えたりした…… 5ヶ月前 replyretweetfavorite