第6回】アドラー流 上司と部下のコミュニケーション術

机上の空論ではなく、実践的。それがアドラー心理学の特徴だ。職場での会話術や、アドラーの思想を研修に用いている企業などの実例を紹介する。

 職場のコミュニケーションで困っている。そんなとき、アドラーならどうするだろうか。アドラー心理学を用いて職場の悩みを解決しよう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
今こそ! 「嫌われる勇気」

週刊ダイヤモンド

今、フロイト、ユングと並ぶ“心理学の三大巨頭”の1人、アルフレッド・アドラーの教えを説いた『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)が、注目されている。職場の上司や部下とのコミュニケーションを改善し、夫婦関係や子育ての悩みもシンプルに解決して...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません