第3回】宮台真司(首都大学東京教授/社会学者)インタビュー

目先のことだけでなく人生の最終目標を考えよ

 10年以上前に、岸見一郎先生に出会ったことが、僕にとって重大な転機になっています。岸見先生の『アドラー心理学入門』を読んだことで、それまで受けていたアドラーの影響下にある自己啓発セミナーの位置付けが明らかになりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
今こそ! 「嫌われる勇気」

週刊ダイヤモンド

今、フロイト、ユングと並ぶ“心理学の三大巨頭”の1人、アルフレッド・アドラーの教えを説いた『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)が、注目されている。職場の上司や部下とのコミュニケーションを改善し、夫婦関係や子育ての悩みもシンプルに解決して...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

consaba 宮台真司「10年以上前に、岸見一郎先生に出会ったことが、僕にとって重大な転機になっています。岸見先生の『アドラー心理学入門』を読んだことで、それまで受けていたアドラーの影響下にある自己啓発セミナーの位置付けが明らかになりました」 https://t.co/FRD7WnEiFD 約4年前 replyretweetfavorite