第1回】 『嫌われる勇気』ビジネス編 他者の期待に生きてはいけない

希望しない人事異動に、職場での複雑な人間関係……。大手家電メーカーに勤める、ある課長は、仕事への悩みを誰にも打ち明けられないでいた。そこで、アドラー心理学の教えを説く哲人を訪ねてみた。

課長 なるほど、アドラーの考え方を取り入れれば世界はシンプルに見える、と。それは期待できそうだ。

哲人 今日はよく来てくれました。そう、世界はシンプルなところです。しかし、最初に言っておきます。あなたの抱える課題を解決できるのは、あなただけです。私はその手助けをすることしかできません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

今こそ! 「嫌われる勇気」

週刊ダイヤモンド

今、フロイト、ユングと並ぶ“心理学の三大巨頭”の1人、アルフレッド・アドラーの教えを説いた『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)が、注目されている。職場の上司や部下とのコミュニケーションを改善し、夫婦関係や子育ての悩みもシンプルに解決して...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

a_tocci 「自分の限界を知りたくない。それがあなたの本当の目的です。だからやる気を出さない理由を探しているのです。」 https://t.co/KkJrsUe3f2 約3年前 replyretweetfavorite