同性愛者だと両親にばれたら泣かれてしまう。そう思うのが辛いです。

これまで読者からの多くの質問に答えてきた牧村さん。今回は「同性愛者であることが両親にばれたらきっと泣かれてしまう。そう思うのが辛いです」という投稿に向き合います。牧村さん自身だけでなく、「自分の同性愛を治そう」としてきた人は昔から何人もいるそうです。今回はそのうちの一人を取り上げて先人の生き方に学びます。同性愛を治そうとしたある男性がたどり着いた結論とは、どのようなものだったのでしょうか。

※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

本連載を読んでくださるあなたに、あらためてお礼したく思います。連載は今回で103回目。お寄せ頂いたご投稿は120を超えました。すべてにお返事できてはいませんが、ひとつひとつ拝読しています。

今回はこの、120を超えるご投稿のうち、もっとも短いこちらにお応えしたいと思います。

同性愛者であることが両親にばれたらきっと泣かれてしまう。そう思うのが辛いです。

以上、全文そのままです。私はこの一行を見つめたまま、しばらく画面をスクロールできなくなってしまいました。

ご投稿をくださった方と親御さんとが、どんな方々でいらっしゃるのか私にはわかりません。ですので、何も知らないまま「大丈夫、きっとわかってもらえるよ!」なんて励ますよりも、先人に学ぶつもりで、今日はこの人の人生をひいて考えてみたいと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takahashi_ossan 枠にはめるってのは、社会で生きる上では処世術になるから大事。 だけど、少なくとも身近な人に対してはその人をそのまま受け入れられるといいなと思った。 3年弱前 replyretweetfavorite

ergf_kz 21で初めて彼氏ができた時祖母に「あなたが同性愛者じゃなくてよかった」と言われたのを思い出した。 3年弱前 replyretweetfavorite

matsu_morifuku 読むべき。同性愛者でなくても、「世間のカテゴリー/常識/固定概念に苦しめられている」人は救われるはず。 約3年前 replyretweetfavorite

shiranli  「ただ、人間の価値観だけがカテゴリをつくりだし、ものごとを別々の小さな箱に無理矢理押し込めている」 正にその通りよね。 約3年前 replyretweetfavorite