西内まりやが大変そう

ちょっとでも新しく活躍する芸能人が現れると、すぐに言い出す人が現れる「事務所のゴリ押し」。今回の「ワダアキ考」は、とりわけこの言葉を使われがちな西内まりやを取り上げます。モデル出身で、歌手としても活躍し、先日実写映画『CUTIE HONEY -TEARS-』の主演が発表されるなど、女優としても活躍中の彼女。「ゴリ押し」という言葉に逃げないで、武田さんの評論を見て考えてみましょう。

「事務所のゴリ押し」という分析のつまらなさ

ふと、『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」を思い出す。旬の女性アイドルや女優が出てくると、アルタの観客は一斉に「キレーイ!」等々の褒め言葉を多量に浴びせかける。本人は恐縮しながら、マイクが拾えるかどうかの声量で「そんなことないです……」とささやき、はね除けつつも受け入れる、という特殊な応対を見せる。ひとしきり投げられた後、タモリがとぼける、あしらうなどの反応を見せれば、そのやり取りは終わる。投げられた声をタモリも本人もそのまま流してしまう場合もあり、すると、「キレーイ!」がスタジオ内で行き場を失い浮遊したままになる。観客は女性ばかりなので、男性アイドルや俳優への熱狂は素直に本人に刺さるのだが、とりわけ若い女性の場合、「キレーイ!」は空砲になりやすかった。

少し前ならば剛力彩芽など、今ならば西内まりやなど、「事務所のゴリ押し」という評定で流行りの誰それが素早く捌かれるのは酷だと思う。芸能事務所は各方面にゴリゴリ押しこむのが仕事なのだから、うまいことゴリゴリ押されている人を見て「どうせゴリ押しだろ」と投げるのが鋭い指摘だとされている感じはつまらない。テレビの中の芸能人について議論すべきは、芸能界の力学ではなく、その場に流れる空気だと思っている。つまり、なぜ『笑っていいとも!』に出られたのか、ではなく、さほど興味を持ってくれているわけではないアルタの客から放たれた「キレーイ!」にどのように応対するか、に着目したいのである。

ゴリゴリに乗っかってグイグイ飛躍する

さて、この数年、あちこちで見かけるようになった西内まりやは、先人たちがそうであったように「これからはモデル業だけじゃなく色々やります」と宣言した上で、その先人たちを上回る活躍を見せている。すっかり平凡な形容になるが、誰もがうらやむ容姿を持ち、モデル業も役者業も歌手活動も堅調だ。昨年観た映画『レインツリーの国』での演技はいたって平凡だったが、巧みな演技をされてはむしろ困るようなベタでピュアな映画だったので、フィット感はあった。ゴリゴリ押してくれた結果として目の前にそびえ立った仕事に取り組んでいく。雑誌『ニコラ』や『Seventeen』のモデル時代から追いかけているファンはそのステップアップに感嘆するだろうが、いつの間にか頻繁に見かけるようになった人たちは、理解する方法を探しあぐねた結果、いつもの「ゴリ押し」を用いがち。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tecofish ”うまいことゴリゴリ押されている人を見て「どうせゴリ押しだろ」と投げるのが鋭い指摘だとされている感じはつまらない。テレビの中の芸能人について議論すべきは、芸能界の力学ではなく、その場に流れる空気” ゴリ押し、思考停止ワードですね。 https://t.co/ygu2QakDQw 3年弱前 replyretweetfavorite

takuya_110s 2件のコメント https://t.co/qRCXsfMzPL 3年弱前 replyretweetfavorite

takuya_110s 2件のコメント https://t.co/qRCXsfMzPL 3年弱前 replyretweetfavorite

pingpongdash "アヴリル・ラヴィーンが通ってきた道を急ぎ気味に通過"-- 3年弱前 replyretweetfavorite