落合陽一は、いかにして「魔法使い」になったのか

「音で物を浮かせる」「空気をメディア化する」など、魔法的な作品を次々と世に送り出してきた落合陽一さん。
著書『魔法の世紀』では、人々が映像を通して社会を形作ってきた「映像の世紀」から、情報技術が溶け込み、この世界自体がファンタジーになりうる「魔法の世紀」がやってくると主張。そのユニークな未来像に注目が集まっています。
彼の考えるこれからの世界像「デジタルネイチャー(計算機自然)」とは一体、どういうものなのでしょうか。

人類はコンピュータによって「進化」した

—まずは落合さんが何者なのか、というところから話を始めたいのですが……。

落合 まあ、僕、よくわからない人だと思われてますよね。なんでも聞いてください。

—肩書で言うと、計算機科学※1の博士で、筑波大学助教であり、メディアアーティストでもあると。メディアアート※2を手掛けるようになったきっかけは、なにかあったのでしょうか。

※1 コンピュータ自体とその応用についての諸々の学問分野。

※2 既存のメディア装置に対する批評性を元に、発明とインスタレーションを掛け合わせた現代アート表現。

落合 僕が8歳の頃に、Windows95が出たんですよね。それで、コンピュータが一般的に少し身近なものになったんです。
その頃からコンピュータで何か作るということに興味があり、3Dムービーメーカーというソフトで、イラストを描いたり、それを動かしたりしていました。それがきっかけといえばきっかけですね。

—お名前の「陽一」は電気の「+」と「−」からきているとか。ご両親がもともと、科学やコンピュータに詳しかったのでしょうか。

落合 それが、うちはド文系一家で。僕以外はそんな、コンピュータに興味がなさそうでしたね。なので、パソコンもじいちゃんにねだって、なんとか買ってもらったんです。

—今は未来を先取りするような作品を多数発表していますが、子どもの頃にSFは読んでいましたか?

落合 ああ、SFは好きでしたね。いろいろ読みましたけど、一番好きなのはアーサー・C・クラークの『幼年期の終わり』かな。これって宇宙人が地球にやってきて、その影響で人類がもう一段階進化するという話なんです。
でも、現実にはあんなことは起こらないですね。わざわざ宇宙人が来なくても、地球を掘り返すだけで人類が進化することがわかっちゃったんだから。

—掘り返すだけで、とは……?

落合 地球を掘り返したらケイ素(シリコン)が出てきて、それを精製して半導体をつくって、それを組み合わせたらコンピュータができました。
そしてそれらをつなぎあわせたら、「インターネット」っていう人類にとってすごく有益なネットワークができちゃった。
ここで、人類の幼年期は終わったんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
「21世紀の変人たち」とする「真面目」な話

QREATOR AGENT

レオナルド・ダ・ヴィンチやエジソン、コペルニクス、空海 etc。これまで世の中を変えてきた人たちは、ほとんどが「非常識」な考えを持つ「変人」たちでした。この連載では「21世紀の変人たち(=クリエイター)」に焦点を当て、彼らが何を考えて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

bemoroid いやいや、ツイッターのお前らも魔法使い予備軍だろ 約1年前 replyretweetfavorite

sannysquirrel 『僕はバーチャルの対義語を、「物質上の」だと考えています。「実質」と「物質」が対になるのが正しい。』 約1年前 replyretweetfavorite

ochyai 久しぶりに真面目な記事だ! 感謝! https://t.co/d1lxkLdFRR 約1年前 replyretweetfavorite