第16回】久坂部 羊(医師・作家)インタビュー

デビュー作『廃用身』は、寝たきり高齢者の介護の負担を減らすため、不要な手足を切断する医師が主人公。ドラマ化もされた『破裂』は、心臓破裂を引き起こす薬を開発した医師が、安楽死の手段として高齢化社会の解決に利用する話だ。他にも安楽死法制定をめぐる小説『神の手』など、医療をテーマにした話題作を次々と送り出してきた久坂部羊氏。高齢者医療に関わる現役の医師でもあり、「高齢者と死」に関して作品や自らの発言を通して鋭い問題提起を行ってきた。

──作家業の傍ら、医師として高齢者医療に長く関わってきました。

 高齢者医療の現場に長くいた実感からすると、長生きは決して良いものではありません。

 多くの人が長生きを望むのは、今のまま長生きできるというイメージがあるからです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
老後リスクの現実(リアル)

週刊ダイヤモンド

「金」「健康」「孤立」が老後の三大リスクといわれる。現役世代からしておくべき準備とは何か。平均値や他人の価値観に惑わされたり、「下流老人」や「老後破産」などの極端なケースにばかりおびえるのではなく、他の誰のものでもない自分自身の、等身...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

urushizawa_t どんな歳のとり方をすることになるかは分からない。という認識が必要だというお話 QT 3年以上前 replyretweetfavorite