音楽の燃料 (シャムキャッツ インタビュー前編)

さまざまなプロフェッショナルの考え方・作られ方を、その人の本棚、読書遍歴、本に対する考え方などから紐解いていくインタビュー。今回はシャムキャッツの夏目知幸さん、菅原慎一さんに登場して頂きました。インタビュー前編です。

前作『TAKE CARE』のリリースから早一年五ヶ月、長く邦楽インディ・シーンを牽引し続けてきた4人組ロックバンド、シャムキャッツが、最新シングル「マイガール」をリリース。そんな今作は、自主レーベル設立という新たなステージに立った彼らのこれからを示す、最高のロック・アンセムとなるだろう。

シャムキャッツの楽曲にはどこか文学的な歌詞の世界観が存在し、それは時に一つのストーリーのような展開を見せる。今回はそんな彼らの読書遍歴を、最新シングルの話を踏まえながら伺った。インタビュー前半では夏目知幸(Vo,Gt)の本との出会いに迫る。

漫画にはかなり影響されてますね。コマ割りがちゃんとあるイメージというか、「MODELS」っていう曲は特にそういうのを意識しました(夏目)

— まずは奥田民生さんの『ラーメンカレーミュージック』です。

夏目知幸(以下、夏目) 僕、最初に買ったCDが奥田民生さんで、曲とか雰囲気からカッコいいなっていうのはずっと思ってたんですけど、あんまり本音を言わない人というイメージがあったんです。でも、『ラーメンカレーミュージック』には民生さんがソロになってから20年、どういうことを考えてきたのかが割と素直に書かれていて、少しだけ背中を見せてくれた感じです。なるほど、そういうふうにやっていたのかっていうことが、少しだけわかる。バンドをやってる身として感銘を受けましたね。

— 特にどういう点に感銘を受けたんですか?

夏目 例えば、僕らはライブをするのが当たり前じゃないですか。やっぱりいいライブをしたいし、練習しないといけないし、たまにですけど上手くいかない時もある。そもそも曲を作って人前で演奏するのって、あんまり普通のことじゃないから、この「ライブをする」っていうのは何なんだろう?と胸のどこかで、ぼんやりと思うことがあったんです。

でもその点に関して民生さんはシンプルで、“そもそも曲を作るってことは、人に聴かせたいってことだから、ライブするってことは楽しみの一つだ”ってわかりやすくバン!と書いてあって、たしかにそうかも!と思いました。全編にわたって、そういう力強さがある本です。

— シンプルだけど力強い。

夏目 シンプルです。で、すごく納得がいく。ほかには、アメリカ人がエレキギターを最初に作ったんだから、アメリカ人の声に合わせたのが、エレキの音だと。だから日本人には合わない部分があるけど、それでも向こうのミュージシャンの感覚に近づきたいっていう思いがあるとか。実用的なガイドもあります。バンドのなかでリズムギターはちょっとだけ後ろノリで弾いたほうがいいとか。

— 民生さんはラーメンカレーミュージックレコードなる自主レーベルを立ち上げましたけど、そのへんも何か影響を受けてたりするんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
プロフェッショナルの本棚

ホンシェルジュ

本棚は人を表す、といいます。本連載は、さまざまなプロフェッショナルの考え方・つくられ方を、その人のもつ本棚、読書遍歴、本に対する考え方などからひも解いていこうという試み。本がいまの自分をつくったという人から、ほとんど本を読まない人の本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

masa_shoji 最新記事、公開!! |[今なら無料!] 約3年前 replyretweetfavorite